【中国語の早口言葉】は、発音がキレイになって、スムーズに話せる練習になるんです。

中国語

【早口言葉】子どもの時に友達や兄弟と、誰が一番上手に言えるかを競ったことあるのではないでしょうか。

日本語には、色々な【早口言葉】があります。

中国語にも、【早口言葉】は存在します。

実は、中国語の【早口言葉】は、中国語をスムーズに滑舌良く話す練習に最適なんです。

中国語をスムーズに話したい方必見。

今日は中国語をスムーズに話すための、中国語初級者向けの【早口言葉】を紹介します。

この【早口言葉】を練習することで、中国語がスムーズに出てくるようになります。

スポンサーリンク

中国語の【早口言葉】まず言ってみよう【初級】

中国語で【早口言葉】は「绕口令」(ラオコウリン)と言います。

中国で、一番親しまれていてポピュラーな【早口言葉】を今日は紹介します。

私も中国語の先生に、この【早口言葉】を最初に教わりました。

「四是四,十是十,十四是十四,四十是四十。

四十不是十四,十四不是四十」

 

【早口言葉】の練習をする上で、大切なことは…

早く言うことよりも、まず正確な発音でキレイに言うことの方が優先だということ。

発音にバラつきがあり、ちゃんと言えてなければ意味がありません。

この【早口言葉】の発音が分かる参考動画↓

4は4、10は10・・・という内容ですが、日本人が苦手な”SHI”の発音の練習になります。

動画を参考に、【早口言葉】をまず正確に言えるようにしていきましょう。

【早口言葉】は、口の運動練習に使われている。

日本の【早口言葉】で、「隣の客はよく柿食う客だ」は有名ですよね。

日本の新人アナウンサーや声優が、【早口言葉】で口の訓練をするほど、話すプロに【早口言葉】は使われています。

【早口言葉】を練習すると、滑舌が良くなるので、噛んだりせず、スムーズに話す訓練になります。

日本人も日本語の【早口言葉】を訓練します。

ということは…中国語もスムーズに話すには【早口言葉】は最高の練習方法と言えます。

私も今は、スムーズに中国語で【早口言葉】が言えるようになりました。

最初は、舌を噛んだこともありました( 一一)

中国語の先生にお手本がみたいとお願いして【早口言葉】を言ってもらうと、さすがでした。

キレイな中国語で、かっこよかったです。

中国人のアナウンサーも、口の練習で使用する【早口言葉】

中国人の先生が言うには、中国人のアナウンサー達も、キレイな発音の口を作るために【早口言葉】の練習に励むそうです。

最初に紹介した【早口言葉】より、少し難易度が高くなりますが。

ぜひステップアップして、チャレンジしてみてくださいね(^^)/

スムーズに単語と単語を繋げて話せるように、練習すると中国語の話す時にスムーズに話が出来るようになります。

 

桜子

最初は上手に言えず、イライラしてしまいますが、中国語の口を作ってくれるので、根気よく練習してみてくださいね。

さいごに

中国語の【早口言葉】の練習は、中国語の上達に繋がります。

中国語を話す時に、途切れず、スムーズに話すことが出来るようになります。

皆さんもネイティブに近い中国語に近づくために、口の練習に役立ててください。

流暢な中国語に近づくことが出来ますよ(^^)/

 

★関連リンク↓

完璧な中国語の発音が身に付く。

YouTubeで学べる中国語初心者向けおすすめ!!

キクタン中国語はおすすめ。2021年の最新情報と効率的に学ぶ方法

中国語【上達の秘訣】永久保存版 これを素直に実行すると急激に上手くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国語
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました