「中国語は発音が基本」発音を間違えたら、全く違う意味になってしまった。

中国語 発音 中国語
Asiian businesswoman has video chat with her friend happily

中国語は発音が命。

日本人が一番苦手なのが、中国語の発音。

私も中国語の発音は、一番苦手です。

今では、発音はとてもキレイだと言われてはいますが。

それでもたまに中国語ネイティブから、発音の指摘を受けることがあります。

今日は、「中国語の発音を真剣に学ばないと、こうなります」の記事を書いています。

私が中国語の発音を間違えて、全然違う意味で通じてしまった失敗談。

これを読むと、中国語の発音がいかに重要なのかが分かります。

スポンサーリンク

中国語の発音は完全マスターしないと、全く違う意味になる。

中国語 発音

Speak chinese concept. Happy woman against the People’s Republic of China flag background

中国語の声調をしっかり発音出来ないと、全く違う意味になってしまいます。

打算去中国  「私は中国に行くつもりです」と言いたかったのですが…

打算(da suan)と 大蒜(da suan)の声調を間違えてしまいました。

打算(da suan)⇒~するつもり  声調は、三声と四声。

大蒜(da suan)⇒にんにく    声調は、四声と四声。

読み方は全く同じですが、声調が違うだけで意味がこんなに違う。

中国人の友達に、思いっきり笑われました。

「これじゃ中国人と会話出来ないよ」

「声調は、単語を覚える前に完全マスターしなければならないよ」

中国語は、発音のマスターをまず完璧に。

結局、どんなに中国語の単語をたくさん覚えたとしても、声調が間違っていたら全く違う意味に。

何のために、単語を覚えたのか…

中国語で会話どころか、単語そのものの意味さえ全く違うものになってしまいます。

まずは、中国語の発音を完全マスターすることが、中国語の上達のカギを握っています。

中国語の単語を先に覚えがちですが、発音の正確さを身に付けるのが先。

その方が結果的に、中国語の上達のスピードが速い。

 

さいごに

中国語の発音を間違えた結果、全然違う意味の中国語になってしまいました。

こうなるとせっかく中国語を覚えても、また発音マスターするために初級に逆戻り。

中国語は発音を完全にマスターすることが、とても重要。

中国語の発音をマスターしてから、先に進もう。

発音を間違えると、全然違う意味になってしまう。

中国語の発音の正確さが、とても重要だということが理解出来たのではないでしょうか。

中国語初級者だからこそ、発音完全マスターは大切。

中国語を早く上達させるためにも、まずは発音を完璧にしていきましょう。

★関連リンク↓

中国人も小学生からやっている中国語の【単語】と【ピンイン】と【四声】の覚え方。

中国語の【発音】が難しい理由と、簡単に中国語が発音出来るコツ。

中国語の発音の難しいところを解決【上手くなる方法】発音がブレなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました