【中国語発音は本当に難しくてイライラする】発音がきれいにできるようになるには。

日本語教師 中国語
beautiful cute female children writing homework having problem and thinking about solution feeling difficulty in chalkboard background.

中国語を勉強してる方、発音の壁にぶち当たっていないですか?

中国語の発音が難しいために、勉強をやめようと思ったことないですか?

私はイライラして、途中で勉強をやめてしまったことがあります。

そのぐらい中国語の発音は難しいです。

結論→発音はしっかりネイティブの中国人から学ぶこと。独学ではやめた方が良い。

この記事を読むと中国語の発音がスムーズに習得出来ます。

スポンサーリンク

日本人は、日本語にない発音は基本出来ない。

あなたが、バイリンガルで他の言語を話せるなら、もしかしたら発音は簡単かもしれません。

でも日本語しか話せない人にとっては、中国語の発音は訓練しないと出来ない。

日本語には中国語の音声がないのが多いから。

中国語は一つの音声に4つの発音”四声”というのがあり、これが厄介なのです。

日本語は”ま”だったら、一つしかないのですが。

 

軽声も合わせると5個になります。

“ま”の発音でもこれだけあるので、そりゃあイヤになるのは当然。

せっかく中国語で声をかけたのに通じなかった失敗。

私はけっこうズボラな性格をしています。

なので、発音を簡単に考えていました。

ある時、職場に患者さんで中国人の方が来たので、ここぞとばかり勇気を出して、”初中国語”で声をかけてみたんです。

「何言ってんだ?この人?」みたいな顔で見られた時には、本当にショックでした。

「今まで勉強してきたのは、無駄だったのか?」って本気で落ち込みました。

原因は発音がおかしかったから。

発音がブレていたから。

中国語の先生に修正してもらい、今では普通に発音出来るようになりました。

発音をあまく見ていた結果です。

難しく考えすぎず、発音して自分の口をとにかく鍛えること。

発音記号をある程度把握するまでは、独学でもCDなどを聴きながら発音練習してもOK。

 

声調とピンインを覚えるためにも、最初からネイティブの中国語の先生でも良い。

自分の変な発音のクセが定着してしまわないように。

大切なのは・・・

桜子
桜子

必ず発音をネイティブの中国語の先生に確認してもらうことが大切です。

あとは定着するまで発音を繰り返す。

ピンインと声調の発音が定着したら、どんな単語でも発音出来るようになります。

発音練習だけだと、飽きてしまうので、ある程度理解したら、単語で確認。

何度も、何度も繰り返し、発音の練習を指摘されたら、また繰り返す。

これはさすがに、飽きてしまいます。

 

ずっとこれだけやると、本当に中国語が嫌になってしまいますので、発音のみを延々と繰り返し練習するのは、やめましょう。

”你好”から、単語をキレイに発音出来ているかに視点を変えたら、単語も覚えながらなので、

一石二鳥で、勉強の効率一段と良くなります。

さいごに

最初は一生懸命発音しても、なかなか出来ません。

あんまり難しく考えすぎず、「この発音は、このピンインなんだ」ぐらいで覚えていってください。

あとは必ずネイティブの方に、発音をちゃんと習うこと。

発音がしっかり出来ると、ネイティブにより近づき、カッコよく話せるようになります。

発音をあまく見ないで、しっかり定着させていきましょう。

★関連リンク↓

中国語話せるとシンプルにかっこいい!”私が体感した中国語のかっこよさ”

中国語の早口言葉は発音の練習になる。

中国語の勉強、やる気が起きない時にみて欲しい【やる気が戻る映画】

 

中国語
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました