【日本語教師養成講座420時間】の資格・働きながら取れる、老後の仕事になる。

日本語教師関連
"japanese teacher teaching english in classroom Thank you download this image,plese click the lightbox to see more similar portfolio:"

40代以降の皆さん、自分の老後のことどう考えていますか。

「年金はいくらもらえるのだろうか」「いくつまで働かないといけないのかな」

私は現在70歳の親の姿を見て、「こんな歳の取り方を絶対したくない」と思いました。

でも…何からすれば…

「老後、仕事をするなら、好きなことで稼ぎたい」そう思った瞬間、私は「日本語教師」が浮かびました。

私は、43歳から老後の仕事のために【日本語教師養成講座420時間】に通い始めました。

2020年7月から。

40代であがり症の私が、頑張って【日本語教師養成講座】に通い、気付いたことや実際の口コミを記事にしています。

これから「日本語教師を目指したい方」や「日本語教師に興味がある方」へ。

【日本語教師養成講座420時間】通う前に、理解してほしい内容なので、ぜひ最後までお読みください。

【日本語教師養成講座420時間】の費用は高額なので、受講する前に確認すべきこと。

日本語教師

Japanese businesswoman

【日本語教師養成講座】の費用は、通学する学校にもよりますが、大体57万から68万ぐらいの幅があります。

日本語教師の学費、かなり高額ではないでしょうか。

受講期間も、およそ1年は通わなければなりません。

なので…講座を受講する前に、確認しておいた方が良いこと↓

今の置かれている環境で、ちゃんと勉強できるか確認する。

これから出す学費の値段で、得られることを把握する。

日本語教師として、どんな働き方をしたいか明確にする。

【日本語教師養成講座】の学費金額が大きいので、この3つをはっきりさせてから、取得するかどうか、決めることをお勧めします。

この3点を明確にしてから、受講すると目標が定まっているので、しっかり学ぶことが出来ます。

【日本語教師養成講座】の取得までの期間は約1年。

日本語教師オンライン

Japanese woman using a PC

【日本語教師養成講座】は、約1年ほどで終了出来ます。

内容としては…

★日本語のこれまでの歴史

日本語教育の考え方や教え方の過去の経緯

日本語教育法・教授法

文法と語彙

日本語の評価法

教育実践で、実際に教壇に立って、外国人に日本語を教える練習

 

実際に外国人に日本語を教える教育実習は、実践力が身に付きます。

それぞれの過程、過程の節目に、ちゃんと身についているかの確認テストがあります。

約1年ほどで全過程終了、資格取得という流れ。

【日本語教師養成講座】で学んだ後、どこでどう【日本語教師】として仕事したいか。

日本語教師

「日本語教師」として働く時、2つの働き方があります。

「日本語学校」で教えるなら、【日本語教師養成講座420時間】と【大卒】の資格が必要になります。

学齢は関係ないところもありますが、基本【大卒】だと、とても有利。

オンラインで日本語を教える場合は、養成講座を修了していればOKなところもありますので、結構自由。

自分の学歴や働き方などもちゃんと考えてから、受講することをおすすめします。

自分の学歴と見合わせながら、どこでどう働きたいかを学校へ通う前に、具体化しておいてください。

★「日本語学校」で働きたいか、「オンライン」で日本語教師をしたいのか。

私が【日本語教師養成講座420時間】に通おうと思った理由。

私はこれから、【日本語教師420時間養成講座】と【日本語教育検定試験】を目指していきます。

なぜ「日本語教師」になりたいと思ったか。

①日本語を教える立場になることで、中国語を学んでいる自分の勉強の仕方も学べると思ったから。

②英語や中国語母語の生徒に教えることで、英語や中国語にも触れることが出来る。

③中国語をずっと習っているうちに私も日本語はネイティブだし、教えてみたいと思った。

④外国人と関わる仕事をしたいこと。

40過ぎている私は、人生の失敗のリスクが大きくて、怖かったですが…

最後は、「好きな仕事をしたい」と思って【日本語教師養成講座420時間】を取得することを決めました。

現在は「オンライン」で日本語教師として、しっかり収入を得ることが出来ています。

さいごに

日本語学校で働きたいか、オンラインで日本語教師をしたいのか。

今の置かれている環境で、しっかり勉強できるか確認する。

★これから出す学費の値段で、得られることを把握すること。

これらをしっかり理解したうえで、「日本語教師」の世界に飛び込んでみてください。

自分がやっている語学学習の学びにもなりますし、毎日外国人が相手なので、視野も広くなります。

「日本語教師」、これからは人気の職業になること間違いなし。

「日本語教師」に定年がないことも、魅力的ではないでしょうか。

★関連リンク↓

ヒューマンアカデミー口コミ【日本語教師養成講座420時間】無事修了の感想とかかる学費。

日本語教師の養成通信講座【アルク】と【ユーキャン】をとことん比較。どっちが良いの?

日本語教師講座【ユーキャン】の口コミ・評判。合格率は?費用は?受講生の私がズバッと解説!



コメント

タイトルとURLをコピーしました