中国語で早く会話したい人必見【必要なのは単語力】単語力はどう身に付けるべき?

中国語

中国語、早く話せるようになりたい。

中国語を勉強していたら、誰しもそう思いますよね。

文法と単語どっちも大切だけど「早く会話出来るためには、どうしたらいい?」って勉強に迷ったことないですか。

どちらも大切ですが、どちらかというと単語力の方が大切です。

その理由を実際に私が使っている教科書と合わせて、今回は解説します。

中国に留学したことがなくても、話せるようになってきている勉強方法です。

少しでも中国語で会話が出来るようになりたい方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

中国語は単語力をつけることで、会話力もUPする理由。

中国人

Shot of chinese woman sitting at outdoor cafe with cup of coffee and looking away, focus on hands.

文法を知っていても、それに使う単語力が少なければ会話は出来ません。

そしてもう一つ、相手が言ってるのを例え聞き取れたとしても、単語の意味が分からなかったら?

結局、単語の意味が分からないから、何を言ってるか分からず、答えられないんです( 一一)

なので…

桜子

文章を丸ごと覚えていく。これが一番良い方法。

そうすることで、文章ごと単語も覚えているので、あとはその単語の部分を入れ替える。

これだけで、かなり中国語会話に幅が出来ます。

自分の話している中国語が伝わると、とっても楽しくなってきます。

私が今までしていた【失敗した勉強法】

中国語の文章は一切やらず、ずっと単語のみを一生懸命覚えようとしていました。

ただただ単語をノートにたくさん書き込んで、ノートいっぱいにして満足。

覚えたつもりってやつです。

結局、実際は3日で忘れ、書けるのも半分くらい忘れていました。

あまり単語記憶が残らないのも、「年齢のせいだ」と歳のせいにしていましたね(-_-)

中国語で会話どころか、「あんなに頑張ったのに全然出来ていないじゃん」

モチベーションが↓で、やる気さえなくなってしまったことがありました。

やっぱり話せるようになるのは無理・・・

しばらく中国語から離れてしまったのを覚えています。

考えればすぐ分かることですが、勉強のやり方が間違っていれば、そりゃ話せるようになりません。

中国語の先生からの【直伝の勉強法】

中国語

Chinese traditional lanterns in Chengdu, China

中国語の文章を、聞く・読む・書くを何度も繰り返しているうちに、聞けるように・書けるように・読めるようになっていきました。

文章ごと覚えると、その中に使われている単語も一緒に覚えていきます。

そうすることで単語の使い方が分かってきます。

中国の映画から、その単語が聞き取れたりし始めました。

聞き取れるようになってきたら、自分の中に定着してきている証拠。

単語のみを覚えるのは、何度もやっていたにも関わらず、あまり頭に残っていなかったんです。

単語だけだと、イメージが出来ず頭に残りにくいことに気付きました。

中国語の例文を覚えることで、何を言っているのかイメージしやすくなりました。

また文章に含まれる単語まで一緒に理解出来るようになったことで、中国語で会話が出来るようになる第一歩に。

覚えたばかりの単語の使い方が分かったからです。

桜子

中国語の単語が分かると、その単語を会話の中で使えるようになり、使うから定着して忘れなくなる。

毎日この繰り返しです。

私にとっては、一番大きな達成感があるやり方でした。

さいごに

これは中国語圏内に留学したことがある人や、すでに語学が堪能な人にはもう分からないこと。

これから中国語を習得したい方向けの勉強方法です。

私もかなり遠回りをして、試行錯誤を繰り返して、これが一番だと断言して言えます。

40代でも全然大丈夫、記憶力の問題ではありませんでした(-_-;)

中国語学習のやり方の問題でした。

中国語初心者で、勉強方法に悩まれている方は、ぜひこの方法で勉強してみてください。

おすすめの方法です。

★関連リンク↓

中国語の勉強法が分かるおススメYouTube・モチベーションもUP

中国語【上達の秘訣】永久保存版 これを素直に実行すると急激に上手くなる。

キクタン中国語はおすすめ。2021年の最新情報と効率的に学ぶ方法

中国語
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました