【中国語をなぜ学ぶか】理由は2つ。

外国 中国語

中国語は世界で最も多くの人に話されている言語。

最近は、中国語を学ぶ人もかなり増えてきていますが。

「何のために中国語を学ぶのか?」を考えてみました。

これからの中国語の方向性が分かります。

スポンサーリンク

中国語を学ぶ日本人の強味

日本人にとっては、中国語は、同じ漢字圏内なので、学びやすさは他の国に比べると圧倒的にあります。

この強味は日本人にとって一番大きい。

もう一つはアジアの共通語になりつつあるということ。

中国語を学ぶことで、ビジネスの可能性がグンと広がってきます。

なぜなら、日本製の部品や、また他の商品もほとんど中国の存在なしでは成り立たないのです。

中国語を話せると、確実に色々なところで、仕事の幅が出てきます。

中国語を学ぶと、アジアの広い地域で活動できる

まだまだ共通語は英語ですが。

じわりじわり変わりつつあります。

日本、韓国、マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、シンガポールなどにとって、もはや身近な外国語は、中国語。

中国は、東南アジアにとってアメリカと同じぐらい重要なビジネスパートーナーの国なんです。

だから中国語を学んでも、中国人とコミュニケーション取る以外に、中国語を学んでいる多くの他国のアジア人とも話すことが出来るんです。

まとめ

中国語を学ぶことは、まさにチャレンジ。

でも中国が世界経済の主要国になってからは、中国語の需要が増えています。

仕事探しで他の人たちとの差別化にもなり、有利。

採用側の関心を引くことが出来ます。

★関連リンク↓

中国語を仕事にするには、レベルにあった職種選びが大切。

中国語検定とHSK 資格の意味が違います。取るならどっち?

中国語の勉強、やる気が起きない時にみて欲しい【やる気が戻る映画】

中国語
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました