【中国語を学ぶ人が、今増加中】理由を徹底解明!【中国語】が共通語になる日。

中国語
Flag USA and China close up. Relationship between America and China.

世界共通語は「英語」。

でも【中国語】は世界で最も多くの人に、話されている言語って知っていましたか。

ひと昔前までは【中国語】はマイナーな言語でしたが、最近は【中国語】を学ぶ人も、かなり増えてきています。

「英語」は学校でも必須でしたし、世界共通語なので自然と勉強せざる得ない状況にあります。

しかし【中国語】は。

【中国語】は、何のために学ぶのか。

これから【中国語】を学びたいと思っている方、学び始めた方。

この記事を読むことで、【中国語】のこれからの方向性を、知ることが出来ます。

自分の中に【中国語】を学ぶ根拠をしっかり作った上で、ぜひ【中国語】の学習に励んでいきましょう。

スポンサーリンク

【中国語】を学ぶことは、他の国に比べて、日本人の強味である理由。

中国語と日本語

puzzle with the national flag of Japan and china on wooden table

日本人にとっては、【中国語】は、同じ漢字圏内の国。

だから【中国語】の学びやすさは、他の国に比べると、日本人にとっては圧倒的に有利なんです。

この強味は、日本人にとって一番大きいのではないでしょうか。

桜子

【中国語】は日本と同じ漢字、同じ意味を持つ単語もありますので、覚える必要がない単語も。

「英語」よりもスムーズに学べるのは、中国と日本は同じ漢字国、それだけで学ぶ時に有利になります。

逆に欧米人が【中国語】を学ぶとなると、まず漢字を書くこと自体が、大きな壁となってしまうんです。

欧米人が、漢字を覚えることが大変なのは、日本語教師をしている私が体感しています( 一一)

ということは…同じ漢字国の日本人にとって【中国語】の学習は、始めやすいということ。

★【中国語】は日本人のとって、学びやすい言語である。

 

【中国語】は、アジアの共通語になりつつある。

中国とアメリカ

Balance, Business Strategy,Country, Flag, International organization

「中国」は今、高度経済成長期中。

あと数年もすれば、アメリカを追い抜くところまで来ています。

桜子

日本は残念ながら、GDP(国内総生産)は10年前にすでに、「中国」に抜かれてしまいました。

ということは…

★【中国語】を学ぶことで、ビジネスの可能性がグンと広がってくるということ。

なぜなら日本製の部品や、また他の衣類商品もほとんど「中国」の存在なしでは成り立たないからです。

なので【中国語】を話せると、これから確実に色々なところで、仕事の幅が出てきます(^^)/

【中国語】を学ぶと、アジアの広い地域で活動できる。

「英語」の次に、勉強すべきはやっぱり【中国語】ではないでしょうか。

中国の影響力が、世界的にすでに大きくなってきています。

日本、韓国、マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、シンガポールなどにとっても、もはや身近な外国語は「英語と中国語」

桜子

以前シンガポールの日本語の生徒さんも、【中国語】を必死に話してました。

「中国」は東南アジアにとって、アメリカと同じぐらい重要なビジネスパートーナーの国に成長している「経済大国」になっています。

なので【中国語】を学んで、中国人とコミュニケーション取る以外に、【中国語】を学んでいる多くの他国のアジア人とも話すことが出来るんです。

【中国語】を話せると幅が広がります。

これからの時代は【中国語】に目を向ける人、仕事で【中国語】を学ばなければいけなくなった人など。

【中国語】を話す人は、確実にグッと増えてきます。

まとめ

【中国語】を学ぶことは少し前までは、主流ではありませんでした。

でも「中国」が世界経済の主要国になってからは、【中国語】の需要が増えています。

【中国語】は、「英語」と同じく話せた方が仕事の幅が広がる言語。

【中国語】が話せると、転職で他の人たちとの差別化にもなり、とっても有利になります。

【中国語】が話せたら就職するときに、採用側の関心を引くことが出来ます。

まだまだ「英語」に比べると、話せる人が圧倒的に少ない【中国語】

早く【中国語】学んだ人が、これからは一目置かれる存在になることは、間違いないのは確かです。

★関連リンク↓

中国語を仕事にするには、レベルにあった職種選びが大切。

中国語検定とHSK 資格の意味が違います。取るならどっち?

中国語の勉強、やる気が起きない時にみて欲しい【やる気が戻る映画】

中国語
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました