中国語検定とHSK 資格の意味が違います。取るならどっち?

中国語 中国語

中国語を学んでいると、やはり自分の中国語の実力を図るために資格を目指しますよね?

中国語の資格には、中国語検定とHSKと2種類あります。

聞いたことありますか?

今日はこの2つの中国語検定の違いと、自分がどれを受けるべきかが分かります!

スポンサーリンク

中国語検定とHSKの違いを比較。

中国語検定準4級 基本単語600語程度・入門編 合格率70%ほど 挨拶と超基本会話
中国語検定4級 単語は1100語程度・結構幅広い基本知識が必要 合格率50% 基本的な知識を全体的に聞いてくる
中国語検定3級 単語レベル2000語・基本が終了する試験 合格率40% 中国語を勉強して履歴種にかくなら、3級から。
中国語検定2級 かなりレベルが高い。3級からボンと難易度がUP 合格率25% ビジネスで使える。合格まで2年は必要。
中国語検定準1級 次元が違う試験。中国人でも難しくなるレベル。 合格率15% 最終的にこれが取得できたらOKレベル。
中国語検定1級 頭がおかしいレベル。誰が受けるの? 合格率5% 超超難関
HSK1級 150語程度の超基礎・簡単なフレーズを理解。 簡単な基本会話が出来ること。
HSK2級 350語程度。基本文法知識 基本会話が出来る。
HSK3級 620語程度。 職場や生活、旅行などの会話が出来る
HSK4級 1200語程度。 母国語を話す人と流暢に会話できる
HSK5級 2500語程度の単語。 ニュースを見たり、映画を見たり、新聞を読むなどまで出来る。
HSK6級 単語5000語以上の単語が必要。 自分の考え方などを流暢に説明したり、専門用語も知識がある。

HSKと中国語検定どちらを受けた方が良いか?

まずはポピュラーな中国語検定・・・”日本が定めた検定試験”なので、中国語を理解して、それを日本語にキレイに訳せるかなど、日本企業で求められる資格になります。

 

次に、HSKは”中国語公認の試験・世界共通”

中国語でどこまで、何が出来るか、特にコミュニケーション能力が問われます。

それぞれ意図が全く違いますので、やはり日本で、もしくは日本企業で使用したいなら、中国語検定でしょう。

海外で使うか、もしくは中国人と仕事するならHSKが良いかと思います。

最後に

私もまだ今年どれから受けるか迷っていますが、最初は中国語検定を受けます。

日本国内の試験を先に受けて、自信を付けてからHSKにチャレンジする予定です。

HSKは、コミュニケーション重視の試験。

中国語をしっかり使うことを目的としているので、自分が中国語でどこまで出来るかという視点は大切です。

自分がどの試験を取得した方が活かせるのか、よく考えて受験することをおススメします。

 

★関連リンク

中国語を話せる   オンライン中国語講座を受けるなら!学習効果を2倍あげる方法

 

中国語
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました