中国語を話せるとメリットがこんなに。

中国語 中国語
Chinese traditional lanterns in Chengdu, China

中国語と英語、今から学ぶならどっちが良いか悩んだことありませんか。

世界共通語は英語ですから、英語は中学生の時から授業で入ってきますよね。

英語が必要なのは理解出来ますけど、では中国語は?を今日は解決します。

中国語を学ぶ価値はどれくらいあるのか。

スポンサーリンク

中国語を話せると12億人とコミュニケーションが取れる。

世界の人口約76億人のなかで、中国語が母語の人は約12億人います。

日本語話者は、1億3千人。中国語とまず桁が違います。中国語を話せるだけで、コミュニケーションが取れる人数がこんなに違います。

インターネット上で、使われている言語はどうでしょうか??インターネットで使われている言語

1位英語 2位中国語 3位スペイン語 4位アラビア語 5位マレーシア語  6位ポルトガル語

7位フランス語 8位日本語

日本語でインターネットから情報を得る場合、”たったの2割”しか情報として入ってこないそうです。

コミュニケーションを取るうえで、世界規模でみた場合、英語に次いで、中国語になります。

コミュニケーション人口とネット上の情報量を考えると、それだけでも全く世界が変わってくる。

中国は日本のとって大きな影響力がある最大の相手国

今、中国から輸入している商品が多く、かなり生活に密着している商品ばかりだと言えます。

驚いたのは、私の知人に傘を作っている会社の方がいるんですが、傘の骨組みは中国で作り、それを輸入して傘を作っているため、輸入が止まると傘が作れないと話していました。

私も一つその経験があります。それは車のカギ!!

ミニクーパーという車を乗っているんですが、鍵の一部が破損してしまい、機能的には使用できますが、中国がカギの生産をしていて、取り寄せるのに時間がかかると言われました。

「え?」 「ドイツの車なのに何で中国?」

中国は日本の生活だけでなく、世界の部品や衣類などかなり大きな輸出大国だということです。

中国語話せる人求人募集も増加してきている。

コールセンターや免税店、空港、ドン・キホーテの求人募集を見たことがありますか?

中国語話せる人募集要項が多いです。(前に不動産会社もありました)

しかも英語より、中国語話せる人が少ないので、アルバイトだと時給が高いです。

英語話せる方・時給1200円。中国語話せる方時給1500円。という募集要項もありました。

英語や中国語、何かしら言語習得をしている人は食うに困らないと聞いたことがありますが、

中国語の需要は確実に増えていきます。

最後に

中国のニュースなどテレビの印象などから、中国を嫌いな人も多い。

だけど仕事や身近にあって、実用性も高い中国語は、もはや好き嫌いの問題ではなく第二言語として、学ぶ価値がある言語の一つではないでしょうか。

年齢重ねても中国語力があれば、仕事に生かせます。

★関連リンク↓

中国語話せるとシンプルに、カッコイイ!”私が体感した中国語のかっこよさ”

中国語を仕事にするには、レベルにあった職種選びが大切。

台湾で中国語は通じる??

 

 

 

 

中国語
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました