中国語を仕事にするには、レベルにあった職種選びが大切。

中国語
Business woman at Nagoya

せっかく学んだ中国語を何かに生かしたいと思いませんか。

ネイティブではないけど、聞き取りや基本的な会話程度は出来るのに、生かされていないともったいないですよね。

そんな方のためにレベル別の仕事をまとめています。

この記事で、自分の中国語レベルに合った仕事を知ることが出来ますよ。

スポンサーリンク

中国語初級レベルで出来る仕事。

中国語初級は、中国語検定3級~2級レベルになります。

ホテルや観光売店、免税店、空港などの主に接客業。エステやデパートなど中国人のお客様対応。

チェックインの受付や、予約の案内、商品のちょっとした説明。

定番の基本会話で出来る仕事がほとんどなので、高度な語学力は必要ありません。

中国語の基本会話が出来ればOK。

注文を聞く。はい、いいえで応答出来る。時間の案内や場所の案内などの会話。

履歴書に記入出来るのは、3級レベルからなのです。

年収は200万~300万ほど。

中国語中級レベルで出来る仕事。

中国語中級は、中国語検定準1級レベル。

仕事内容は、結構レベルが上がります。

中国人と対等に話す海外営業、中国から商品を安く交渉して買い付けを行う小売業、

貿易関係の輸入や輸出に関わる仕事。中国の代理店や支店での勤務。

システムエンジニアなどがあります。

目安は年収400万以上。

会話は抽象的な表現や、流暢さが求められます。

中国語上級レベルで出来る仕事。

日本語教師、中国語教師、翻訳や通訳、医療通訳の仕事など。

中国語レベルは1級。

語学のプロになります。

年収は日本語教師は200万程度、他はだいたい450万以上に。

会話は専門性や、流暢さが求められます。

最後に

私も中国語で仕事が出来るレベルを知ってからの方が、勉強の励みになりました。

語学は継続が大切!

日々の積み重ねで出来上がっています。

自分が中国語でなりたいと思う”立ち位置””をイメージすると良いですよ。

最終目標に到達するためのスケジュールを作ってみるのもおススメです。

ぜひ、レベルを参考に、あなたの目標の立ち位置を考えてみてくださいね(^_-)-☆

★関連リンク↓

中国語医療通訳の資格ってどんな仕事?

中国語の勉強法が分かるおススメYouTube・モチベーションもUP

中国語検定とHSK 資格の意味が違います。取るならどっち?

中国語
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました