失敗から学んだ、中国語の勉強法。

日本語教師

中国語を学んでいての、一番の悩みは何ですか。

中国語を学習をするとき、単語を覚えたり、文法で穴埋め問題をやるなど、勉強方法は様々なやり方があります。

だけど…

「中国語勉強しているのに、いざネイティブの人と話したら、まったく聞き取れない」

「なんで…」

私もたくさん中国語の単語と文法を学習してきましたが、全く聞き取れませんでした。

聞き取れないということは、中国語で会話が出来ません。

「もう中国語をやめてしまおう」と本気で考えて、一時中断もしていました。

でも中国語を勉強しても、中国語の会話が出来ないのには、大きな理由がありました。

この記事は、頑張って中国語を勉強しているのに、中国語で全く会話が出来なかった、私の失敗を書いています。

この方法だと、中国語が全く話せるようにはならない失敗例になりますので、今後の学習の参考にしてください。

この記事に書いている方法で、中国語の勉強をしている人は今すぐやめてください。

目次

授業以外では、たくさんの中国語を聞くことをしなかった。

学習失敗
Stress at work, failure to work, business failure.

実は中国語の先生は、ネイティブの人とは、少し話すスピードが違います。

★語学教師が授業をする時には、「ティーチャートーク」という方法を使って、ゆっくり聞き取りやすいように話している場合があります。

私も中国語オンラインの先生の言葉は、ある程度聞き取れていました。

でも中国語の先生のティーチャートークに慣れてしまうと、一般の人の会話のスピードは早すぎて、全くついていけませんでした。

全く同じことを話しているのに、先生が話すのは理解出来て、ネイティブが話すと聞き取れなかった。

さらに言うと、中国語教材のCDは機械音声なので、講師よりもっと聞き取りやすかったりします。

CDと中国語の先生に慣れてしまって、中国の友達の言葉が分かりませんでした。

「中国語を勉強しているはずなのに、なんで聞き取れないの?」

この時は、「中国語、もう無理かも」と本当に落ち込みました。

もう一つ聞き取れない理由があります。それは…

圧倒的に、中国語を聞く量が足りていないこと。

当たり前のことなのですが、中国語がちゃんと聞き取れないと、中国語で会話なんて到底出来ません。

覚えた単語と文章が、音声だけ聞いた時に、ちゃんと頭に文字が浮かんでいるか。

ちゃんと文字まで頭に思い浮かぶのなら、聞き取りが出来てる証拠。

その分、聞き取りの量も日本語を同じぐらいたくさん聞くことが、何よりも大切になってきます。

ネイティブの中国人の友達を作ることも、ネイティブと会話していく経験にもなりますし、耳も鍛えられます。

ハロートークなどでもOK、ぜひネイティブの友人を作りましょう。

中国語で映画を観たり、本場の中国語に触れなかった。

リスニング
Hipster student studying and listening

ある程度、中国語のCDや先生の話が聞き取れるようになったら、ネイティブの動画を観ることをお勧めします。

中国の友人からも、「中国語をたくさん聞くことがとても大切だ」と言われました。

「自分も日本語を勉強している時に、日本のドラマばかり観ていた」と。

彼は日本語でドクターXを見続けて、
かなり日本語が、堪能になりました。

ネイティブを意識して、聞き取りや会話をしていかないと、いつまでも中国語の先生と教材CDしか、聞き取れないような気がしました。

私の失敗は…

中国語の教科書ばかりで勉強していたので、ネイティブの発音が全く聞き取れなかった。

聞き取りの重要性を、軽く考えていた。

特に中国語は、発音自体が難しいので、普通の中国人の会話を聞きまくることは、尚更大切だと実感しました。

職場に来た中国人と全く会話できず、撃沈事件。

失敗
Worried woman

私は普段は、病院に勤務しています。

ある日患者さんで、台湾の方が来ていました。

日頃から、中国語のCDと先生と簡単な会話しかしていなかったため、話し慣れていないことが浮き彫りになった事件でした。

「せっかく勉強している中国語を、生かすチャンス」と思い、台湾人に話しかけに行きましたが。

見事に撃沈…

相手の話すスピードがとても速く、全く聞き取れませんでした。

中国語の勉強を怠っていたことに、気付いた瞬間でした。

自分には、まったく中国語の実践力がないことと、応用能力がゼロだということが分かりました。

中国語のリスニング力の学習に、力を入れていなかった結果、ネイティブの会話が聞き取れなかった。

中国語にも、ネイティブの口語的単語と書面的単語があるが、教科書ばかりで全く中国語の口語を分かっていなかった。

勉強不足で、中国語の単語や文法がちゃんと頭に定着していなかった。

ネイティブと会話してみて、失敗しないと気付かなかったので、この失敗事件は気付きが大きかったです。

毎日、中国語に触れる、勉強量が全く足りていなかった。

教科書を開いて、勉強をやった気でいた。

今日は何を勉強して、何を理解出来たのかなど振り返りが重要。

まとめ。

私は、たくさん中国語を学んできたつもりでいました。

しかし、実際は中身がなく、教科書だけで勉強していた結果、聞き取りも出来ない、中国語で会話も出来ない状態に。

中国語で全く会話が出来なかった勉強の失敗例を、今日は紹介しました。

中国語CD音声とゆっくり話してくれる先生だけに、耳が慣れてしまったこと。

中国語の単語と文法の学習ばかりを、やり過ぎていたこと。

リスニング力をつけるために、中国語で映画やYouTubeを見ることをしていなかったこと。

失敗から私が学んだことは…

リスニング力をつけるためには、中国の番組を見たり、YouTubeを見たり、リスニングをする種類をたくさん増やすこと。

★中国語の発音を徹底して身に付けること。

単語と文法をしっかり定着させること。

分からない単語や文法は、聞き取りも出来ません。

以上が私が、失敗から学んだことです。

私のような学び方は、中国語の学習の時間の無駄でしかありません。

今一度、自分の中国語学習で、本当に大丈夫か確認してみてくださいね。

★関連リンク↓

中国語はちゃんと目標を立てて、勉強しないとつまずく可能性が大。

中国映画話題作【共謀家族】から中国語を学んでみよう。レビューでも高評価のスリラー映画。

ぜひやって欲しい、YouTubeで中国語を学ぶこと。コツを掴めば中国語力がUPします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次