ぜひやって欲しい、YouTubeで中国語を学ぶこと。コツを掴めば中国語力がUPします。

中国語 学ぶ イメージ 中国語

中国語の勉強は、どうやって工夫して継続していますか。

私は日々生活と仕事に追われて、なかなか机に腰を据えて、学ぶということが出来ない日があります。

でも毎日、少しでも中国語に触れていないと、定着していない中国語は忘れてしまう。

中国語のリスニング力も、日頃中国語を聞いていないと、やっぱり聴く力はなかなか身につかない。

どうすれば、これらを解決出来るのか。

今回は忙しい中、中国語を勉強したいけど、机に座って中国語出来ない日にして欲しい、中国語学習を紹介します。

この記事を読むと忙しい中でも、中国語のリスニング力とスピーキング力がついてきます。

スポンサーリンク

机に座って学習出来ない時は、中国語のYouTube配信をたくさん活用しよう。

洗濯しながら中国語

Woman folding laundry

今は、YouTubeでめちゃくちゃ良い中国語の教材が、たくさん配信されています。

これを利用しないのは、もったいない。

★食器を洗いながら。

★洗濯物干しながら。

★待ち時間。

★トイレ。

★ソファーで座っている時。

★お風呂場。

教科書持ってはいれない状況でも、中国語のリスニング力・スピーキング力が鍛えられるんです。

桜子

私も5分、10分やっていても今は、中国人と日常会話のレベルがグッと上がりました。

さらに机での学習と合わせると、さらに中国語力がグンと上がります。

普段忙しくて、「あ~最近、中国語勉強していない」とならないように、特に忙しい人にはやって欲しいYouTube学習。

これで中国語を、諦めないで済みます。

どんなYouTubeの中国語教材を選べば、良いの。

中国語 イメージ

それじゃ実際、どんな中国語のYouTubeを選べば、リスニング力とスピーキング力が上がるのかを説明していきます。

初心者にはこのYouTubeで中国語を学んで欲しい、YouTube選び方のコツ。

日本語と中国語、両方が入っているもの。

画面表示と音声、両方に中国語と日本語が入っているものが、最初のうちはベスト。

何度も何度も聞いているうちに、しっかり音声と意味が一致するようになります。

聴きながら、シャドーイングしやすいもの。

中国語を聴いて、すぐにマネして発音しやすいものを選ぶと、スピーキング力がUPします。

聴くだけでは、補えないスピーキング力が身に付きますので、聴きながらマネして、シャドーイングしましょう。

中国語のピンイン表記もしっかり入っているもの。

YouTubeで、発音が間違っていないか確認するときに、必ずピンイン表は必要になります。

YouTubeの中には、ピンイン表記がないものもあります。

自分の発音を確認するためにもピンイン表記があるYouTubeを選んでください。

最初に中国語が流れるYouTube教材を選ぼう。

最初に中国語が流れると、自分で意味を判断することが出来ます。

たとえ、自分が思った訳と本当の意味が間違っていたとしても、次に流れる日本語で確認が出来ます。

桜子

最初に中国語が流れるのは、とても重要ですよ。

 

中国語初級者に、おススメのYouTube中国語教材。

これで私も中国語のシャドーイング力とスピーキング力が、かなりUPしました。

★参考動画↓

中国語の例文も一緒に覚えること。

これがのちのち、定着してくると自分で入れ替えて文が作れます。

 

まとめ

中国語を諦めないためにYouTubeで、中国語を学んで、リスニング力とスピーキング力をUP。

★忙しい時でも、気軽にYouTubeで中国語に触れることが出来る。

★聴きながら、シャドーイングして発音とスピーキング力を鍛えられる。

★中国語を聴いて、意味が理解出来るようになる。

↑この学習が「中国語やるぞ」って腰を据えて、学ぶことをしなくても5分、10分で出来ます。

忙しいから、中国語を諦めるのではなく、工夫していきましょう。

桜子

せっかく学び始めた中国語です。諦めて中国語から遠のくことだけは、やめてください。

もったいないです。

忙しい時でも、中国語に触れる方法を今日は紹介しました。

ぜひYouTubeを中国語学習に、取り入れてください。

あなたの中国語力が少しづつ、そして確実にUPしていきます。

 

★関連リンク↓

中国語はちゃんと目標を立てて、勉強しないとつまずく可能性が大。

中国語の発音の難しいところを解決【上手くなる方法】発音がブレなくなる。

キクタン中国語はおすすめ。2021年の最新情報と効率的に学ぶ方法

中国語
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました