中国語で声かけ、話しかける時役立つフレーズ、日本語との違い。

中国語

日本語と中国語で直訳すると意味やニュアンスが全く違う場合があるのご存じですか。

間違って使ってしまわないか不安ですよね。

この記事は、直訳して使うと違う意味になってしまう中国語の表現を紹介します。

スポンサーリンク

中国語で声をかける時、注意しなければならないこと

日本人が人に声をかけて、呼び止める時などは、90%の確立で”すみません”になりますね。

通行人に話しかける時、お店で注文する時も”すみません”を使います。

では中国語ではどうでしょうか。

中国語で”すみません”は、”对不起”(ドゥイブチー)と言います。

しかしこれは中国では、声かけのニュアンスでは使いません(-_-)

この”对不起”は、相手に本当に悪いことをしてしまって、申し訳ない。すみませんでしたという意味になるからです。

相手を呼び止めて、急に謝っているようなもの。

意味が分かりませんよね(*^▽^*)

そこで道を尋ねる場合など、人に声をかける時の役立つフレーズ

”请问一下”(チンウェンイーシャー)

★このフレーズは、人のものを尋ねる時「お伺いします」「お尋ねします」の意味。

レストランで・”服务员 点菜”

(フーウーユェン デェンツァイ)

★注文お願いしますの意味。

まとめ

中国人とは考え方の習慣が違うため、使う言葉のニュアンスや表現が違う場合があります。

直訳は結構危険な時もありますので、注意が必要。

★関連リンク↓

中国語で”薬は食べる?”

日本人の名前って、【ひらがな】もあるけど中国語ではどうしたらいいの?

NHK中国語のテレビやラジオ講座の活用術でさらに上達↑する方法。

中国語
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました