40代で後悔した、30代の時間の使い方。

時間がない。

「もう40代、仕事も後半戦このままでいいのかな」

「老後も近くなってきたし、なんか不安」

「体もなんだか疲れやすくなってきた」

でも生活と仕事に時間が取られて、なかなか自分の時間が持てない。

だけど歳だけはどんどん取っていく…

そんな状態で、50代になるのは避けたい( 一一)

私も1年前までは、仕事と家事、子供の送迎に追われる毎日を送っていました。

でも、このままじゃいけないと何か行動を起こさなければならないと焦りが。

この記事は、私が実際にやってみた時間の使い方で、良かったことを書いています。

これから何か時間を有効活用したい方、ぜひ読んでください。

今の現状から、抜け出すことが出来ます。

目次

30代の後悔、もっと時間を大切にすれば良かった。

老後なんか、もちろん念頭にもない30代。

私の30代は、仕事と生活と子育てに追われて、実際それだけで終わってしまいました。

今思えば、「30代の時に何か時間を有効活用していれば、もっと人生変わっていたかもしれない」

これだけが、30代の一番の心残り。

暇なスキマ時間はダラダラとゲームしたり、スマホいじり本当に後悔しかないのです。

時間の無駄使いは、結局は10年後大きく響いてきます。

まして、高卒で何の資格もない私は、なおさら焦りしかありません。

このまま年齢を重ねたら、老後出来る仕事って何があるの。

もっと早く老後の方向性を考えておけば。

43歳になってようやく気付いた、時間の大切さ。

子どもたちも、今年16歳、18歳になりあることに気付きました。

このまま何の資格もなく、自分のやりたいこともしないで、何もしないまま老後を迎えるってこと…

家とスーパーと職場の往復が生活のほとんど。

生活に追われる、時間に追われる毎日

「今の職場に、60歳までいれる気がしない」

「もっと、やってみたい仕事があるのに」

このまま50代になりたくない、焦りが募りました。

そこで、昔から一番興味があった日本語教師の世界に飛び込んでみることを決意。

ちゃんと計画も立てず、行動あるのみで翌週、日本語教師養成講座に申し込みをしてきました。

日本語教師養成講座の受講生は、半分以上が40代から60代。

皆、老後の仕事を意識しての資格取得を考えている方たちでした。

私はまだ若い方ではありましたが、もっと早く行動を起こしていたら、もう日本語教師として働いて経験も積めていたかもを思うと30代の過ごし方って本当に大切だと改めて感じました。

40代からの時間の使い方。

ガラっと生活環境を変えることは出来ないので、勉強をするのに、まとまった時間を取ることは出来ませんでした。

毎回必ず今日は、「2時間勉強するぞ」といって結局は出来ないの繰り返し。

高いお金を出したのに、このまま日本語教師になれなかったらマズイ。

そこで…工夫したこと。

毎日20分刻みで時間を分けて、自分の時間を作る。

毎日スキマ時間が出来たら、することを決めておく。(決めないと無駄なことに消える)

この時間の使い方で、かなり勉強の時間が取れるようになりました。

1日20分だけの時もありましたが、それでOK。

しかし1カ月継続していると、しっかり学んだことが理解出来ていて、充実感は半端なかったです。

スキマの空いた時間をどう過ごすかで、かなり大きな差が出来ます。

1年間スキマ時間を工夫した結果、良かったこと6つ。

この1年は本当に、毎日が時間との闘いでした。

でも今は完全に習慣になってしまっていますし、良かったことしかありません。

①本当の時間の使い方が分かったこと。

時間の使い方。
Learning foreign languages. Notepad for entries and a flag. Language courses, audio audition.

時間を意識して行動していると、「20分でこんなに勉強出来るんだ」ってことと、本だと17ページは読めました。

20分の貴重さが、痛いほど分かった1年でした。

②暇つぶしにお金を使う、無駄使いがなくなった。

目的や目標がない時なんかは、よくAmazonなんかで色々無駄な買い物したり、読むと買った本も買って満足して、読んでなかったり。

皆さんも、そんな経験ありませんか。

今は本を読んでいるか、中国語学習をしているか、日本語教師の教材を作成しているかなので無駄に携帯をいじることがなくなり、本当に無駄使いをしなくなりました。

小さなことで、悩まなくなった。

Sitting on their couch in the living room, the mid adult mom has a serious talk with her teen daughter.

暇だから、小さなことで悩んでしまうということが分かりました。

帰宅すると、家事をした後、すぐやることが決まっているから、考え事する暇がない。

忙しいということは、悩む暇を与えない。

職場で嫌なことがあっても、本当に気にならなくなりました。

自分のやりたいことだけを、考えられるから。

小さな悩みが入るスキマを、作らないこと。

④1年間の勉強で、日本語教師資格を習得出来た。

細かく時間を刻んで一生懸命勉強してきたので、1年前の何もなかった自分と比べると今は、外国人に日本語が教えられるまでに成長しました。

中国語も、今年は試験を受けれるレベルまで到達。

1年って過ごし方次第で、自分が本当に大きくなります。

1年間の毎日の積み重ねって、本当に大切。

⑤時間の使い方が上手になり、家事も掃除も前より効率よく出来るようになった。

以前は家についてから、「何作ろう」って考えてから、ダラダラ片付けて気付いたら夜9時過ぎ。

少しテレビを見て、ぼーっとして寝るの繰り返し。

今はすることがたくさんあるので、帰りながら車の中で、夕飯を考えながら帰ります。

帰宅しながら、寝るまでの段取りを考えるので時間の活用が上手に。

これで、2時間は時間が空きました。

毎日継続すると、1週間で14時間も時間が作れます。

⑥達成感があるので、毎日心が満たされている。

時間が充実
Image of happy asian young woman using laptop computer while sitting at cafe bar. japanese girl sitting in coffee shop and working on notebook pc. female barista in counter making cooking indoors.

毎日20分~2時間の積み重ねで、1日の達成感が半端ない。

「ここまで今日したいことが出来た」で1日が終わるようになったので、暇な時より満足な気持ちで過ごせています。

正直、勉強するのに慣れるまでは、疲れてやりたくない時もありました。

何日か、放置してやらなかったことも。

でも勉強をする習慣になってしまうと、逆にやらないと違和感が出てきて、継続できるようになっていきます。

継続って本当に、自分の人生が大きく変わります。

30代で気付いていたら、大学にだって行けていたはず。

自分がやりたいことは、絶対に先延ばしにしないで、今日からすぐ始めることが人生を大きく変えてくれる。

さいごに。

私が、30代の反省から変えた行動と考え方で得れたものは大きいです。

時間の使い方を、少し変えるだけで人生が大きく変わる。

スキマ時間を活用して、日本語教師になれた。

行動しないと、1年後もそのままでいる怖さに気付けた。

家族と生活していて、食事の準備・子供の送迎・平日は仕事でクタクタ( 一一)

40代は、まだまだ色々多忙な世代。

小さなことでも、何か始めたら、何かが変わってきます。

ぜひ自分のために、時間を大切に使ってみてください。

得られるものも、とても大きいです。

★関連リンク↓

【40代】独身の女性、老後の不安がある方必見!!今行動したほうが良いこと。

40代から始める老後の仕事に向けての準備。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次