【衝撃の事実】中国人が、日本の土地を爆買いするワケとは。

不動産 日本 中国

「中国人が、日本の土地を爆買いしている」

ニュースやネットで一度は、聞いたことがあるのではないでしょうか。

私も一度ニュースで、見たことがあります。

「日本の土地なのに、中国人に買われてしまって日本は大丈夫なのかな」って心配になりますよね。

どうして中国人は、自国の土地ではなく、日本の土地を欲しがるのでしょう。

そこには、中国ならではの理由がありました。

この記事は私が、直接体験した中国人が、日本の土地を購入する考え方とやり方を書いています。

日本の土地を売るために、日本語を勉強している中国人がいて、私は日本語教師として複雑な気持ちになりました。

中国人が日本の土地を購入する事実を、ぜひ日本人として、知っておきましょう。

スポンサーリンク

中国で、土地を買っても自分のものにならない。

日本土地 売買

Real estate saleswoman.

中国の不動産事情は、日本とは全く違います。

日本で土地を購入した場合は、半永久的に自分のものになりますよね。

日本では、子供や孫の世代まで、土地を譲ることが出来ます。

しかし中国で土地を購入した場合は…

★自分の土地所有に出来るのは、70年。

中国は土地所有の規制が強く、70年後は国に返還することが決められています。

なので中国の土地を購入したとしても、自分の代で返さなければなりません。

桜子

中国人が日本で土地を購入したいワケですね。

買っても70年しか保有できない中国の土地より、半永久的に自分の土地に出来る、規制が弱い日本で、土地を購入したい。

これが中国人が、日本で土地を購入する理由。

中国人は、コロナ渦でも、日本で土地を爆買いしている!?

日本土地 不動産

Real estate concept

この間、中国人とランチに行ってきました。

彼女は、日本で中国語通訳の観光ガイドをしていますが、コロナで仕事が激減。

収入がなくなるので、違う仕事を、すでにし始めているそうで。

それは、不動産業界。

聞けば、「日本の宅地建物取引主任者の試験に挑戦したい」とのこと。

「え?宅地建物取引主任者試験?」

「どうして?」って聞いた理由がこれ↓

日本の土地を、中国で【オンライン】で販売していて、中国人は投資用で、土地を購入している。

今はオンラインで、中国人に日本の土地売買を行っているとのこと。

桜子

日本の土地を売るために、「宅地建物取引主任者の日本語を教えて」というのは、複雑な心境になりました。

「日本の土地が、中国人にたくさん買われたら日本はどうなるの?」

つまり日本に土地を購入して、それを日本人に貸して、中国人は収入を得ているということ。

このまま日本の土地を規制しないで、大丈夫か…不安しかありません。

さいごに

中国人が日本の土地を爆買いしている理由↓

中国人は、オンラインで日本の土地を投資用に購入している。

中国では土地所有権が70年のため、半永久的に自分の土地になる日本に目を付けている。

日本の土地を、日本人に貸して、中国人は収入を得ている。

中国では、学歴社会や就職やSNSなどを配信するにしても、あまりにも人口密度が高すぎてストレスしかないそうです。

日本は、中国ほど競争が激化していないので、居心地が良いということも話していました。

中国人は、自国が窮屈になると、いつでも海外移住出来るように外国語の習得もしているそうです。

日本人の私たちも、自分の逃げ道を作る上で、語学学習をするのは大切だと気付かされました。

そうすることで、いつでも海外に移住が出来る準備が出来ます。

中国人に負けないエネルギーを持ちたいですね。

桜子

それにしても日本の不動産に関する法律、どうにかして欲しいです。

中国人が所有する日本の土地に、日本人が賃貸で住むなんて、本当におかしな話。

 

★関連リンク↓

中国人と会話して重たい空気になってしまった話題。

中国の若者に、もう反日感情はありません。日本好きな中国の若者が多いワケ。

日本人が、外国語を習得すると最強のメリットになる理由(仕事以外で)

 

 

中国
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました