中国の若者に、もう反日感情はありません。日本好きな中国の若者が多いワケ。

中国 中国

日本の見る中国のイメージって、ハッキリ言ってあまり良くないですよね。

テレビで見る中国は、反日感情で、日本の国旗を燃やしたり、日本車をボコボコにしたり。

40代の私が20代の時は、テレビでよくそういう光景が流れていたのが、まだ記憶に新しいです。

私は日本語教師をしたり、中国語を勉強して、中国人と関わらなければ、ずっと中国の印象はそのままだったと思います。

今日は、今どきの中国人が日本のことをどう思っているか?について、実際、中国人から言われたことも含めて、記事にしました。

この記事を読むことで、中国人との距離感がなくなり、友達になりやすくなります。

中国に旅行に行きやすくもなりますので、ぜひ記事を読んで、中国人のイメージを変えていきましょう。

スポンサーリンク

日本人が思っているほど、中国人は日本に反日感情は、持っていない。

桜子
桜子

私は中国人の友人に直球で聞いちゃいました。

「日本は、以前の戦争のイメージもあり、あなたにとって印象が悪く、日本人が嫌いなのでは?」

彼は笑いながら、「確かに過去の事実であると思っています。でも今の日本人がやったことではありません」

「しかし70代以降の戦争世代に近い人たちは、まだ反日感情はあります」

「特に中国の田舎に行けばいくほど、反日感情をまだ抱えている人が多いです。」

「新しい情報が入って来ないので、昔の日本のイメージそのままなんです」と。

彼は私と同じ40代。

40代以降の人たちは、反日感情でさえも過去のこととしか思っていないとのこと。

私も日本語教師をしていて、中国の若者は日本のことが好きな人が多いことが分かりました。

それは、日本のアニメや漫画の凄さの影響が、大きいのです。

だから…反日派なんて、気にする必要はなし。

インターネットで見る日本と、学校で教わる日本のギャップが大きい中国。

日本

National Table flag of Japan on black background. Space for text.

中国の日本に対するイメージは、インターネットで見る日本の印象が強くなっています。

日本の技術の凄さや、アニメが素晴らしいことや、日本人の謙虚さなど。

学校で教わることは、結構、客観的にとらえていて、昔のことだという認識に変わってきています。

好きな日本の女優や俳優の話を、日本語の授業でたくさん語る中国の学生さんもいるぐらい。

桜子
桜子

私も中国の印象は最初は、あまり良くありませんでした。

でも中国人と関われば、関わるほど、日本のことが大好きという気持ちが伝わってきます。

中国人の良いとこは、日本人にはない率直さ。

日本人は謙虚さから、遠回しな言い方をしたり、けっこうオブラードに包んで相手に発言することが多いですよね。

中国人はどちらかと言えば、その逆。

相手のために、直接、ハッキリ言ってあげようという考え方の方が一般的に多いです。

だから、日本人よりも仲良くなるのが、早いんです。

それは今まで、色々な中国人の方と話して気づいたことなんですが。

本音でちゃんと話してくれるというところがあり、私の中では、中国人はとても付き合いやすい存在になっています。

日本のメディアの過剰な放送なども原因があり、中国はこんなものだというイメージを持たされているところもあるのではないかと思います。

まとめ

中国人が日本人のことをどう思っているか?が分かったのではないでしょうか。

中国人は、日本人が思っている以上に、日本人と日本が好きだという事。

たまに反日的なことを言う方がいるかもしれません。

そこは気にしないでください、まれにいる程度。

ほとんどは、こちらから戦争の話や中国政府の話をしなければ、中国人とは良好な関係を築くことが出来ます。

隣の国でもある中国と良好な関係を築くためにも、現在の中国を知っておくと自分の視野も広がっていきますよ。

 

★関連リンク↓

中国で超人気の日本人【ユーチューバー山下】ビリビリ動画など配信・再生回数10億回どんな人?

中国のネットで、絶対言ってはいけない【NGワード】知っておこう。

中国でも、もちろん英語が一番人気。

 

中国
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました