【中国人の本音】日本人はどう見られているのか。

中国 中国

中国人から見ると、日本人はどう見られているか。

中国語を勉強していると、中国人の色々な習慣や考え方などに触れていきます。

中国と日本とでは、文化や価値観が全然違います。

日本では普通のことでも、中国ではあり得ないことも。

今日は中国人から聞いた、日本人の疑問に思うところをまとめてみました。

「へぇ~そうなんだ」の視点から楽しく読んでくださいね。

スポンサーリンク

日本人は、なぜ割り勘が多いの。

中国人

友人と食事に行っても、割り勘率が多い日本。

中国は、日本と視点が違う考え方があります。

それは…「お金の支払いの話は、場の雰囲気が気まずくなるから避けよう」

「今日は私が、ご馳走します」

「次回は、あなたが出してね」

という考え方が根本的にあります。

なので、「今日は私が払うから」と揉める場合も。

さすがに嫌いな人とは、割り勘するようですが。

日本人は、なんで「ありがとう」「すみません」ばかり言うの。

中国 お礼

日本人の文化の中には「親しき中にも礼儀あり」という言葉があります。

私ももちろん、そう教えられていました。

ところが中国人の発想は、全然違います。

「そんな簡単に何でもお礼言ったり、謝ったりしたら、その言葉の価値がなくなる」

なので…簡単にお礼を言うとびっくりしてされてしまうことも。

「大丈夫?どうしたの?」なんて聞かれてしまうことも起こりえます。

みんながみんなそうではありませんが…

日本人よりも、言葉を発する価値を重視します。

日本人は映画のエンドロールが終わるまで、なぜ帰ろうとしないのか。

中国人映画

비디오,영화 컨셉. 무비 백그라운드

中国人の友人は「日本人はなぜ映画が終わった後も、ずっと座っているの」

日本人は…

「映画の終わりにはまだストーリーがあるかもしれない」

「映画の余韻に浸りたい」など。

中国人は、さっさと帰ってしまうようです。

「エンドロール見ても、面白くない」

「余韻は映画の中で終了」

ここでも中国人と考え方が違いますね(笑)

日本人は、個性よりもなぜ協調性なの。

「日本人は、個性よりも協調性の方が強すぎる」

これが、中国から見た日本。

中国では「私はこんな人間です」という個性を大切にする意識が日本よりも、ずっと高いんです。

なので…その人そのものを見てあげると、とても喜ばれます。

今は日本も少しずつですが、個性を重視し始めていますけど。

 

まとめ

「中国人の日本への本音」いかがでしたでしょうか。

中国人は、割り勘よりもご馳走する。

★中国人は、簡単にお礼や謝罪をしない。

★中国人は、映画が終わるとさっさと帰る。

★中国人は、個性の主張が、日本人よりも強い。

中国人は、このような習慣から「日本人どうしたの」という視点になってしまいます。

中国人は、日本人のことを「不思議な人種」だと思っているところもあるようです。

 

★関連リンク↓

日本語教師の私が中国人から聞いた「日本と中国の歴史の認識の違い」

中国人女性が考える結婚観・付き合う時の視点とは。

中国語で「いってらっしゃい」【旅立ちの言葉】には、使うときに注意が必要な場合が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました