海外で活躍する日本語教師の給料と環境は、どうですか。

日本語教師関連
Business woman at Nagoya

世界の色んな場所で、日本語学校が存在し、そこにはもちろん日本語教師がいます。

海外で働く日本語教師って、どのくらいの給料をもらうのか。

どんな環境での仕事なのか。

今日は、海外で働く日本語教師の給料や環境について。

海外で日本語教師として、就職したい方へ向けて具体的な参考になる内容を書いています。

海外で、日本語教師として働きたい方はぜひ読んでください。

日本語教師の現状が、理解出来ます。

スポンサーリンク

海外で働く日本語教師としての給料は、どのくらいですか。

海外で働く日本語教師は、時給でいうと900円ほどで、月給だと7万から16万。

私は、日本語検定1級を持つ中国人男性が知り合いにいます。

夢が、中国で日本語を教えたいとのことでした。

日本留学後、上海に帰り、日本語を中国人に教える仕事をしていました。

非常勤講師として勤務。

でも給料と労力が合わず、納得出来ないまま、仕事としては厳しかったようです((+_+))。

「大学を出て教師になった人の割に合う給料じゃない」と嘆いていました。

日本語教師は、給料はけして高いものではないことを、理解しておきましょう。

海外では大卒・大学院卒が、日本語教師採用には、圧倒的に有利。

日本語教師は常勤ではなかなか仕事がなく、ほとんどが契約や非常勤のため、時給での給料が多いとのこと。

海外では学歴が、重要視されています。

大卒・もしくは大学院の学歴があるとその分優遇されやすいのが、現状です。

特に中国や韓国や台湾など、その国自体が高学歴社会だと、なおさらです。

お給料も勤務する大学によりますが、務める学校によって給料がある程度高いところも。

生活には余裕はないが、普通に暮らしていけるぐらいの給料は、あるとのことでした。

”日本語が話せるのが日本人の強味なので、日本語を勉強したい人を助けてあげる”

大卒でも給料は安いのですが、”やりがい”はある仕事だと話していました。

さいごに

私が、中国の日本語教師から色々聞いた海外の日本語教師事情。

ワーキングホリデーなどで短期滞在中に、日本語教師をする学生もいます。

1年間限定で、日本語教師の仕事をしてみるのもおススメとのこと。

1年間という期限付きで、海外に渡るのも素晴らしい経験になります。

★関連リンク↓

日本語教師って結局どうなの?

日本語教師に求められる資質ってどんなもの?

日本語教師の養成通信講座【アルク】と【ユーキャン】の比較

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました