【日本人が勘違いしてしまう中国語】分からないと、とんでもないことになる可能性も。

中国語

中国語と日本語で同じ漢字なのに、全然違う意味で、びっくりしたことないですか。

もちろん中国語と日本語同じ漢字で、同じ意味を表す言葉も、たくさんありますが。

でも全く意味が違う誤解しやすいものもあるので、注意しましょう。

私も最初知った時は、「え?そうなの?」って感じでした。

でも日本語と中国語の違いを知ったら、面白いですし、中国語の意味を勘違いしないように、ぜひ理解しておきましょう。

今回の記事は、日本人が誤解しやすい中国語を紹介します。

スポンサーリンク

日本人が、勘違いしやすい中国語を知っておこう。

日本人が、勘違いしてしまう中国語を紹介します。

ぜひ中国語の意味を、しっかり理解しておきましょう。

手紙。

トイレットペーパー

「手紙」…これは日本人からすると

「手紙(てがみ)」ですよね。

しかし中国語では、これはなんと「トイレットペーパー」なのです。

少し前までは、日本人が中国でトイレに行くと「手紙」と書かれた表示がありました。

日本人は、意味が分からず「???」となった有名な話があります。

現在は、中国語の表記も「卫生纸 (衛生紙)」なっていますが。

まったく同じ漢字でも全然、意味が違ってくるということを理解しておきましょう。

愛人。

妻

Happy husband and wife embraced each other

以前、中国人に質問されて勘違いしてしまった言葉「爱人」

私は「你有爱人吗?」≠「あなたに愛人はいますか?」と質問されていると、勘違いしたことがありました。

「この人何でこんなこと聞くの?」って、中国語と日本語の意味を、無意識に同じ意味で考えていたんですね。

桜子

日本人の日本語脳で無意識に、訳してしまいますよね。

「もし、愛人がいてもいえませんよ」「よくストレートに聞きましたね」と思わず答えてしまいました。

桜子

もちろん、笑われましたね。

「爱人」…これは、配偶者のこと。

勘違いしてしまうと、とんでもないことになってしまいます(笑)ので、しっかり覚えましょう。

老婆老婆…日本語では、「おばあさん」だけど。

中国語で「老婆」は、なんと「妻」の意味。

桜子

全く妻の面影がない、中国語の単語ですね。

これは絶対日本人は誰もが、「おばあさん」と勘違いするでしょう。

要注意の単語なので、覚えておきましょう。

勉強。

日本語では「勉強」は、「学習する、学ぶ」の意味。

中国語では、「無理強いする、無理にさせる」・「無理やり」という意味に。

けっこうよく使われる単語なので、しっかり覚えておきましょう。

工作人员は、スパイじゃない?!

工作員

spy

「工作員」って言ったら、「スパイ」のイメージが強いのではないでしょうか。

でも、これは中国語では「スタッフ(職員)」の意味。

日本語のイメージだと、「北朝鮮の工作員」のような意味を連想しまいますね。

桜子

日本人にとっては、スパイみたいな印象の言葉ではないでしょうか。

この単語は初級で習いますので、しっかり理解しておきましょう。

小心。

日本語で解釈してしまうと、「小心者」とか「気が小さい」をイメージする単語です。

でも中国語では、全く違う意味になります。

中国語では、「気を付ける」とか「注意」するの意味。

中国語にすると…なんと「何か企んでる」って意味なんです( 一一)

桜子

でも意味が分かると、面白いですよね。という意味なんです。

暗算。

「暗算」っていうと・・・日本語では、計算機を使わずに頭で、計算すること。

「暗算」中国では…「たくらむ、密かにたくらむ」の意味になります。

最後に。

今回は【日本人が、勘違いしてしまう中国語】を紹介しました。

「手紙」…中国語では「トイレットペーパー」

★「愛人」…配偶者の意味(愛人の意味ではありませんので、要注意)

★「工作員」…「職員スタッフ」

★「小心」…気を付ける・注意をする。

★「勉強」…無理やり・無理強いする。

★「老婆」…妻のこと。

★「暗算」…何かを企んでるの意味。

同じ漢字国として、勘違いしやすい単語でしたが、とても面白い(^^)/ですよね。

英語にはない、漢字国同士だから笑える違いです。

ただ意味の違いが大きいので、勘違いしないよう注意が必要ですね。

ぜひ把握しておきましょう。

★関連リンク↓

中国人の当たり前って。

日本語と中国語で意味の違う漢字に注意!知っておくと後悔しません。

中国語で声かけ、話しかける時役立つフレーズ、日本語との違い。

中国語を話せるとメリットがこんなに。

 

 

中国語
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました