中国人を食事に誘う時のマナーを間違えてしまって大失敗!中国人の食事をする時のこだわりとは。

中国 食事 マナー 中国の習慣
Chinese dinner in a rural Dong (ethnic group) house. Little girl looks and food on table, her mother is filling the rice bowls.

中国と日本との間での習慣や文化の違いを今までも、ブログ配信をしてきました。

本当に大丈夫だろうと思ったことでも、中国人からすると、「日本人は変だ」ってドン引きされることもしばしば。

中国人の習慣を分かってきたつもりでも、まだまだ彼らの習慣からズレていることも多いんです。

今回は、中国人と食事に行った時の食事をするメンツにこだわる中国人の習慣を記事にしています。

中国人の方と付き合いがある方や、これから中国人と仕事しないといけないなど。

中国人と関わる人には、これを理解することで、中国人と食事に行く時のマナーが分かります。

スポンサーリンク

中国は人口が多すぎて、あまり他人にかまってられない?!

中国人

JAKARTA – Indonesia. February 04, 2019: Indonesian Chinese people praying at Vihara Petak Sembilan temple in Old town Jakarta, Indonesia

中国の人口は、現在14億人。

それに対して日本は→1億2千万人。

国の大きさからしても、全然スケール違いますよね。

以前テレビで、中国で車道を歩いている女の子が、誰からも声をかけることなく、危ない道路を一人でふらふら歩いている映像を見ました。

私も、中国人は冷たいって思っていたのですが。

桜子

中国では、声をかけることで逆に詐欺にあったりする場合があるようで、警戒心が強くなるようで。

人口も多い分、日本とはまるで習慣と考え方も違うってことですね。

日本の10倍の人口ですから、当然といえば当然なのかもしれません。

中国人の考え方として、”他人を気にする暇があったら、自分の家族を大切にしよう”というのが強いのです。

食事をする時も、中国人はこの考え方を根本的に持っています。

中国人は食事を誘うとき、本当に親しい人しか呼ばない。

中国人 食事

Chinese dinner at home
woman using a phone and taking a picture of food

中国人にとっての食事は、種類が豊富であることが大前提。

なぜなら考え方として…

”たくさんの種類の中華料理を、たくさんの人と囲んで食べた方が料理がより美味しくなる”

という意識があるから

桜子

確かに中華料理のイメージは大皿の様々な料理がたくさん並んでいるイメージですよね。

だけど、中国人は食事に誰でも彼でも誘うことは、しません。

むしろ嫌がります。

そこには中国人の”極力親しい人としか付き合いたくない”というのが中国人の一般的な考え方。

だからデート中だったとしても、食事の時は大皿盛りで、家族を呼んで一緒に食べたりするんです。

日本人からすると、それはちょっとびっくりしませんか。

中国人と食事に行く時、誘う相手を考えず怒られてしまったワケ。

私の失敗なのですが、「中国語勉強している友人を紹介したいので、一緒に連れて行って良いですか」

軽い気持ちで聞いたんです。

桜子

めちゃくちゃ怒られてしまいました。

中国人の性格は、日本人と比べて比較的はっきりしています。

「中途半端なつながりの人とまで食事する必要ありますか」ってはっきりと言われちゃいました。

日本人にはない言い方じゃないでしょうか。

「本当に親しい相手とだけ関わっていれば、人生は幸せです。」

余計な人間関係は、出来るだけ持たないようにする考え方があり、そこに中国の人口の多さの表れがありました。

 

まとめ

中国は人口が多く、過去には一人っ子政策なんかもありましたね。

人口が多い分、”自分や自分の家族を守るためには、そんなに親しくもない人間と関わる余裕はない”

逆に親しい人には、めちゃくちゃ尽くします。

ここまでしなくてもいいのに…ぐらい愛情を持っていて、誠心誠意の気持ちで接します。

ここが中国人のはっきりとしている所ではないでしょうか。

中国人に食事に誘われるということは、認められた証拠。

その時は、喜んで食事に行きましょう。

 

★関連リンク↓

中国人は何で笑顔がないの?中国人がなぜか無表情なワケ。

中国の食事マナーは食事を残すことが◎。全部食べちゃうと”ドン引き”される?!

中国人と会話して重たい空気になってしまった話題。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました