日本語授業で会話(フリートーク)50分を授業して失敗したこと。

日本語教師 日本語教師関連
beautiful cute female children writing homework having problem and thinking about solution feeling difficulty in chalkboard background.

まだオンライン日本語教師になって初心者教師の私。

3回目の日本語会話(フリートーク)50分の授業を、昨日2回しました。

フリートークって授業の目標や目的がない場合、どうすればいいの。

授業の10分前まで、「え~どうしよう( 一一)、何しよう」「時間50分持つかなぁ」

という気持ちで授業を始めました。

桜子
桜子

でも学習者のことを知らないので、授業の準備が出来なかったんです。

この記事は日本語授業・会話(フリートーク)でどうすれば上手な授業が出来るか気付いた体験を書いています。

この記事を読むことで、どんな方向性の授業をすれば良いか、生徒を授業で飽きさせない方法が分かります。

スポンサーリンク

結論:日本語フリートーク授業は、学習者の背景知識にすべて合わせたら良い授業が出来る。

日本語授業のリピーターでなければ、日本語の授業が開始してから、初めて学習者とご対面します。

問題は授業開始後、挨拶の後ですよね。

どう授業を進めていくか。

私が気付いたこと3つ。

★学習者がどんな環境にいて、どんな日本語で悩んでいるか知ること。

★学習者の日本語のレベルを把握すること。

★これから日本語でどうなりたいかを知ること。

この3つをしっかり学習者から聞き出すことで、50分の日本語会話(フリートーク)の方向性が見えてくる。

この上の3つは、考えてみれば当然なんですが学習者が、勉強したい求めている日本語が分かるので、最初の時点で聞くことは、とても重要です。

私が日本語授業(フリートーク)でしてしまった失敗。

日本語教師

young university female student sitting on wood floor using mobile digital tablet looking at online video relaxing when she finished doing school homework.

最初の日本語授業のフリートークの時に、失敗してしまいました。

”それは授業に目的がなかった為に、授業50分をどう乗り切るかが焦点になってしまったから”

”初めてのオンライン授業で、緊張と焦りがあり、自分が教えやすい日本語や中級の教材を使用したこと”

学習者が、困った顔しているのが分かりました。

桜子
桜子

その瞬間、失敗したなって思いましたね。

こちら側が先生なので、学習者は「今日の日本語授業で、勉強したいことはこんな事じゃない」って思ってても、口には出さないから。

だから、学習者の気持ちを、こちらが先に気付いていくしかないんです。

毎回の授業の振り返りをすることが大切ですね。

失敗から、今回は学びました。

さいごに

またリピーターになってくれる学習者を作るために。

学習者に「日本語の勉強になった、今日の授業は最高だった」って言われるように日本語教師として成長していく、気付く力を養うことが大切ですね。

学習者の背景知識を知って、最高の授業が出来るように努力していきましょう。

★関連リンク↓

【オンライン日本語教師】として副業始めてみて、分かったこと。

【日本語教師になるには】どうすれば良いかを解説。高卒でもなれます。

日本語教師は絶対面白い仕事だと思った瞬間。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました