知っておくと便利【中国の年中行事】一覧を見てみよう。

中国の食べ物 中国

日本と同じように、中国にも1年を通して、様々な年中行事があります。

その行事のたびに、中国国内で国民が大移動をしたり、お祝いをして賑わいます。

日本には全くない中国の祝日や行事を知っておくと、中国語を勉強する上でも知っておいた方が良いです。

中国語の教材の中にも色々な例文に”中国の行事”が単語として出てくるから。

今回は色々な年間を通しての【中国の年中行事】を見ていきましょう。

【中国の年中行事】を理解することで、中国語学習にも必ず役に立ちます。

スポンサーリンク

中国のおもな年中行事

中国にも彼岸や清明祭など、日本と同じように年中行事が存在します。

他にも”建国記念日”や”メーデー”なんかもあるんです。

色々な記念日もあり、中国語で”节(ジェ)”は記念日・節句をいう意味になります。

それじゃ色々な【中国の年中行事】を見てみましょう。

1月の春节(チェンジェ)

日本語では”春節”。

旧暦の1月1月旧正月になり、爆竹を鳴らして旧正月をお祝いします。

1週間の大型連休になり、オンライン中国語も先生達が一斉にお休みになり、私は授業を受けることが出来ませんでした。

桜子
桜子

中国の影響で沖縄は、旧正月もかなり地域によっては意識しています。

2月の元宵节(ユアンシャオジェ)

元宵節。

もち米で作った団子を食べる行事。

”ちょうちん”を灯すことから”灯节”とも言います。

4月の清明节(チンミンジェ)

清明節。

中国のお彼岸のことで、先祖の墓参りを行います。

桜子
桜子

沖縄でも清明祭(シ~ミー祭)といって先祖のお墓参りをしますよ。

5月の国际劳动节(グォジラオドンジェ)

新暦の5月1日になります。

日本はゴールデンウイーク真っ最中ですね。

現在は中国でも”黄金周”(フアンジンチョウ)=ゴールデンウイークとして浸透しています。

6月の端午节(ドゥアンウジェ)

中国のちまき

端午の節句。

日本と同じで”ちまき”を皆で食べます。

10月の国庆节(グォチンジェ)

国慶節(こっけいせつ)

中国の建国記念の日になり、1週間の大型連休。

11月の冬至节(ドォンジジェ)

冬至。

南側では肉の煮込み・北側ではワンタンなど、体に温かいものを食べる。

12月はもちろん圣诞节(シェンダンジェ)

メリークリスマス。

まとめ

【中国の年中行事】を色々見てみました。

行事はもちろん中国の人たちの生活に密着していますので、中国語の教科書にも多々出てきます。

【中国の年中行事】の時期や意味などを知っておくと良いですよ。

沖縄は中国の影響を受けていることも、改めて見てみると分かりますね。

★関連リンク↓

中国で絶対プレゼントしちゃダメなもの4つ【要注意】

中国の魚料理は、海の魚より川の魚。

少数民族にも中国語は通じるの?

 

 

 

 

 

 

中国
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました