中国の魚料理は、海の魚より川の魚。

中国

日本人にとって、魚料理といえば、海の魚のイメージが強いと思います。

私は沖縄出身なので、当然ながら海の魚が、魚料理。

でも地域や国によって、魚料理のイメージは違うようです。

今回は、中国の魚料理についての記事を書いています。

この記事を読むと、中国の魚料理についての知識が身に付きますよぉ。

スポンサーリンク

中国の魚料理の多くは、川の魚。

中国 川魚イメージ

中国では”大連”や”青島”、”上海”などの海に近い地域以外は、海の魚はポピュラーな食べ物じゃないんです。

大陸が大きい中国では、内陸部がほとんど。

なので【川魚】をイメージすることが多いのです。

桜子
桜子

沖縄に住んでいる私からすると、ビックリな話でした。

でも内陸部のことを考えれば、地域的に納得ですね。

それじゃ中国では、どんな川魚料理がポピュラーなのか。

鯉(鲤鱼・リューイ)  魚草(草鱼・ツァオユ) などの川魚料理を蒸したり、醬油で煮たりするのが一般的。

中国の沿海部で、食べられている海の魚料理。

太刀魚(带鱼・タイユゥ)が一番ポピュラーな海の魚で、最も馴染み深い海の魚料理です。

都会のホテルやレストランでは日本のあの魚料理も食べれます。

限られた日本料理店で、生鱼片(シュエンユィピエン)・刺身が食べれます。

でもその味を堪能出来るのは、まだまだごく限られた人達。

中国の友人によると、「日本料理はめちゃくちゃ高級で、簡単に食べれるものじゃない」とのこと。

桜子
桜子

日本の料理は高級のイメージが強いみたい。

 

さいごに

こうやって見ると面白いですよね。

中国では、魚料理は【海の魚】ではなく【川の魚】というのが一般的。

中国と日本との魚料理の違いも、少し分かったのではないでしょうか。

中国語を勉強しながら、中国のことも少し知識として知っておきましょう。

★関連リンク↓

中国で【おばさん】の意味は。日本と全く違う中国の【おばさん】

少数民族にも中国語は通じるの?

中国で【じゃんけん】ってどんな掛け声でやってるの?

中国
スポンサーリンク
rinaをフォローする
ねこそら|初心者から中国語を始めて日本語教師なった40代主婦のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました