「日本語の授業」にあったほうが良い知識。人気の【日本のアニメ】ネタ。

日本アニメ 日本語教師関連

「日本人なのに、どうして【るろうに剣心】分からないですか」

私が日本語の授業で、生徒に聞かれたことです。

日本人なのに…って言われてしまうと、やっぱり返す言葉がなくなっちゃいますよね。

外国人の友人がいる人も同じで、外国人にとって【日本のアニメ】は寿司と同じぐらい有名。

外国人に知人、友人がいたり、仕事で外国人とコミュニケーションを取る必要がある場合は、日本人として【日本のアニメ】の知識も必要だと感じます。

この記事は、日本人として日本語教師として【日本のアニメ】も知っておいた方が、仕事が広がることを実体験したことを書いています。

なぜ【日本のアニメ】の知識が、仕事に広がっていくのかを解説しています。

これから「日本語教師」として活躍したい方、「日本語の授業」でネタがない方、「外国人と友達になりたい方」は参考になります。

スポンサーリンク

日本語の授業で何度も言われた「【日本のアニメ】が大好きだから、日本語を学ぶ」

日本のアニメを見る

Multi ethnic young family with their 3 year old girl, lying on bed in bedroom and watching cartoons on the laptop in the morning

最近、日本では韓流ブームですよね。

私もネットフリックスで、韓ドラを見ています。

韓流ブームで最近の日本では、「韓国語」を学ぶ人が増加傾向にあります。

仕事で「韓国語」を使うワケではなく、韓国のドラマを見て、「韓国語」に興味を持った。

という方が多いのではないでしょうか。

外国人からすると「日本語」も同じなんです。

「日本語を話せるようになりたい動機」→【日本のアニメ】が大好き。だから日本語を勉強する。

こういう理由で「日本語」を勉強する人が、意外にも多いんです。

桜子

私も今までの日本語の授業で、「鬼滅の刃」「ナルト」など生徒に聞かれてきました。

桜子

「アニメ」は、ほんの少ししか見たことがなく、「日本語授業のネタ」まで意識したことはありませんでした。

 

「日本語」の生徒さんが【日本のアニメ】が好きだと、どうしても「アニメのネタ」知識が必要になる。

日本のアニメ

生徒さんは何よりも、日本語の授業を楽しく受けたいという気持ちがあります。

楽しく日本語を勉強したい=自分が興味があることを日本語で話したい。

この要望が、結構多かったです。

特に年齢が比較的若い生徒さんは、よく【日本のアニメ】の話を目をキラキラさせながら、聞いてきたりします。

私は「るろうに剣心」が分からず、笑って聞くしか出来なかったのが、日本人として、日本語教師として勉強不足だと感じました。

「日本語の授業」の会話が、全く広がっていかず、本当に困ったこともありました。

「先生は、日本人なのになぜ【日本のアニメ】が分からないの」

桜子

言葉が出ず、シュン…とするしかなかったです。

「オンライン日本語の授業」では競争率が高いので、個性を発揮する上でも、【日本のアニメ】は知って得しかない。

日本のアニメ

特に日本語のオンライン授業の場合は、授業の内容に人気がある分野を取り入れた方がいいです。

【日本のアニメ】を日本語で語ろうとか、アニメで使われた日本語を学ぼうなどなど。

日本語教師なら、自ら【日本のアニメ】を見て、ある程度知っておいた方が生徒さんからの授業のリクエストが入りやすいと感じました。

日本語の授業の内容は、ほぼほぼ”フリートーク”か”ビジネス日本語”とか”日本語会話”などが一般的。

他の日本語教師と差別化を図るためには【日本のアニメ】を授業に取り入れるのも◎。

特に自分が過去に見たことがあるアニメなんかは、指定して授業加えても、面白いですね。

桜子
桜子

私はたまたま”約束のネバーランド”は見ていたので、日本語授業の会話が広がったことがありました。

 

【日本のアニメ】の海外での反応を覗いてみましょう。

【日本のアニメ】が、どれだけ外国人を夢中にさせているかが分かります。

日本人として、私も【日本のアニメ】のことをある程度、知っておかないといけないという気持ちになりました。

外国人は【日本のアニメ】に夢中で、色々なアニメが世界で見られているのが、分かりますね。

【日本のアニメ】の影響力は本当にスゴイというのが、外国人を通して伝わってきます。

【日本のアニメ】は、【寿司】と同じぐらい有名であることを理解しておきましょう。

桜子

【日本のアニメ】をある程度知っておくと、外国人とのコミュニケーショも広がります。

 

まとめ

日本のアニメ

外国から見て、日本の何が今人気なのかを、常に意識をするのが「プロの日本語教師」

日頃から【日本のアニメ】も日本の歴史として、ある程度把握しておくと、「日本語教師」として生徒からも一目置かれます。

どのジャンルから「日本の話題」をふられても、普通に答えられるぐらい「日本の知識」があると、「日本語授業」の幅が広がります。

【日本のアニメ】もその一つ。

【日本のアニメ】は今や、スマホで読める時代になりました。

「日本語教師」は特に、仕事のために【日本のアニメ】を知ることも大切ですので、興味がある【日本のアニメ】から楽しく読んでみるのも良いかもしれません。

↓漫画がスマホで読めるアプリも有効活用して、日本語教師として幅を広げていきましょう。

無料漫画・電子コミックが3000作品以上!

桜子

「進撃の巨人」の日本語を学びたいリクエストも、外国人からありました。

ぜひ好きな【日本のアニメ】から読んでみてはいかがでしょうか。

台湾人は日本語がうまい人多く、日本語を勉強する生徒の数も多いワケ

日本語授業で、盛り上がるネタってどんなネタ?

【カフェトーク】で日本語を教える時に、これをすれば仕事が上手くいくコツ4つ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました