日本語教師の仕事は、今後AIに取られてしまうのか。これからの需要は?どうなっていく?

日本語教師 日本語教師関連

日本語教師は、今後どうなっていくんでしょうか。

AIに仕事を取られるのではないか。

せっかく日本語教師は定年がない仕事なのに、なくなってしまうの。

これからの日本語教師の需要も含めて、気付いたことがありました。

それを皆さんと共有していきたいので、記事にあげました。

日本語教師の方、これから日本語教師を目指す方には、今後の日本語教師の参考になります。

スポンサーリンク

語学学習は、基本楽しくないと続けきれない。

語学を学ぶ

まずは語学学習のことについて。

私の場合は”中国語”を勉強をしています。

楽しくないと語学学習は続かないということが、よくわかります。

最初は、オンライン中国語に毎月お金を出すのもったいないって思って、中断したことがあります。

「YouTubeやAI中国語教師で勉強できるのではないか?」

そう思ったからです。

毎月、オンライン中国語を習うお金も大変だし。

1か月ぐらいやめて自分で勉強しようと思ったのですが、失敗しました。

中国語の勉強が、苦痛になってきたんです。

桜子
桜子

語学学習は、楽しくないと無理だと気付きました。

”オンライン中国語”で講師と、中国語で話している時は、とっても楽しくて時間もあっという間に過ぎていきます。

「よしもっと単語を覚えよう」

モチベーションが違います。

なぜなら→楽しいから。

日本語でも同じことが言えます。

AI日本語教師やYouTubeでは学習は、長続きしない。

私も実際、YouTubeやAIで中国語を勉強してみました。

スキマ時間に見るのは、とっても効率がよく勉強になります。

今でもスキマ時間では、YouTubeを見て、中国語を勉強。

ただYouTubeだけ、AI教師だけだと、モチベーションも上がりませんし、楽しくもありません。

桜子
桜子

楽しく勉強するためには、やはり人の力が必要です。

日本語教師も同じなんです。

生徒さんに、「ちゃんと日本人の先生と日本語の会話練習をしないと、独学では難しかった」という方が。

桜子
桜子

楽しい授業ができれば、生徒さんの心をつかめる。これ、AIに出来ますか。

特にコロナをきっかけに、”オンライン日本語”の需要は、これから増してきます。

”オンライン日本語”の需要は上がる。AI日本語教師に出来る仕事ではない。

日本語教師の需要とAIに仕事を、奪われるかをYouTubeで情報配信している方がいました。

私が日本語教師養成学校に通っている時も、先生が同じことを言っていました。

「人を相手にしている日本語教師は、AIが代わって出来るものではない」と。

参考動画↓

どうでしたか。

日本語教師としての方向性が、確認できたのではないでしょうか。

”オンライン日本語”は、在宅で出来る仕事です。

自分の好きな時間に出来ることもあり、生徒さんも自宅で授業を受けれるため、日本語を気軽に学べるようになってきています。

まとめ

日本語はAIやYouTubeだけで、学ぶのは難しいことと、続けきれないことが分かったのではないでしょうか。

日本語教師として、楽しい授業を提供できれば、絶対AIに取られることはありません。

実際に話されている日本語も、どんどん進化しています。

それを考えた時に、どんな場面で使うのか、どんな雰囲気の時には使ってはダメなのか。

AIに説明が出来るとは、とても思えません。

日本語教師は、楽しくて、面白い、やりがいがある仕事です。

ぜひ今後、需要が高まることも考えて、自信を持って日本語教師として活躍してください。

★関連リンク↓

日本語教師は【資格なし】でも、出来る!今からでも大丈夫。

日本語授業で、盛り上がるネタってどんなネタ?

日本語教師に求められる資質ってどんなもの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました