日本語教師として外国人に教えること。

オンライン授業 日本語教師関連

日本語教師って日本語だけ教えられるの?って悩みありませんか。

英語とか中国語が話せないとダメじゃないの?

日本語しか話せないけど、大丈夫?なんて疑問、絶対ありますよね。

この記事はそんな悩みが解決します。

日本語教師に興味がある方はぜひ読み進めて下さい。

スポンサーリンク

日本語教師として日本語を教える方法。

日本語教師は基本、主に教える方法には2つあります。

直接法・日本語で日本語を直接、教えること。

間接法・生徒の母語を介して、間接的に日本語を教えること。

直接法で教えること。

外国

直接法で教える場合は、日本語学校などで多国籍の生徒がたくさんいる時。

英語が分からない生徒がいるし、中国語が分からない生徒がいるし、ベトナム語しか分からない生徒もいます。

統一性のある外国語で教えられない時は、日本語で日本語を教える手段を使うのです。

そうしないと、どの生徒にも不平等だから。

日本語教師養成講座420時間などで、直接教える方法を学ぶことが出来す。

間接法で教えること。

間接法

Pretty girl holding a red book in front of a huge blackboard written with the word hello in different languages and colors. Opportunity for learning many languages for students.

間接法は主に、日本語オンラインやプライベートレッスンなどで、日本語を教える場合が多い。

マンツーマンなので、生徒の母語が話せると相手も理解度が早いのです。

特に生徒が初心者の場合は、日本語が全く分かりません。

間接法で教えるのは、生徒にとって大きなメリットになります。

この場合は、教えたい生徒の母語に絞って、その言語が2級から準1級は必要。

得意とする言語を母語とする生徒を、ターゲットにしたら早いですよ。

最近、増加傾向にある日本語を勉強している外国人。

中国が日本語学ぶ生徒としては”ダントツ”に多いのです。

でも最近、日本語を学ぶ外国で増加傾向にある国も。

インドネシア

意外ですよね。

インドネシアでは、日本に就職したい人、日本のアニメや音楽など好きな方が学んでいる方が多いようです。

韓国

8割が、中学・高校で日本語を学ぶ人が多い。

韓国は、第二言語は7つの言語からの選択になりますが、一番人気が”日本語”。

べトナム

生活のために給料が高い日本で就職するために、日本語を学ぶ人が多いです。

私と同じ日本語教師養成講座に通う方で、英語ではなく”ベトナム語”を勉強している人も。

まとめ

日本語教師は、日本語以外に日本文化や日本の習慣なども教えていきます。

日本文化や日本の習慣を詳しく知っていると良いでしょう。

自分はどのスタイルで教えていきたいのかを考えて、日本語教師を目指すことをおススメします。



★関連リンク↓

日本語教師って結局どうなの?

日本語教師として外国人に教えること。

日本語教師は絶対面白い仕事だと思った瞬間。

コメント

タイトルとURLをコピーしました