日本語教師には、【英語力】が必要だと思った瞬間。

英語 日本語教師関連
Learn English

日本語教師って【英語力】は必要ないって聞いたことがありませんか。

私は、日本語教師を目指すときに言われました。

日本語教師には「英語力は必要ない」って。

でもそれは、間違いでした。

日本語学校で働く友人も、現在【英語】が話せないことに、苦悩しています。

日本語教師は【英語力】が必要だということを、今回私は実感しました。

この記事は、日本語教師には【英語力】が必要だと感じた体験を書いてます。

これから日本語教師を目指したい方や、すでに日本語教師をしている人、ぜひこれからの仕事の参考にしてください。

スポンサーリンク

英語もカタコト、スペイン語も分からない。どうしよう(-_-;)となってしまった日本語授業。

スペイン イメージ

Young woman enjoying tasty appetizer with pinchos, traditional spanish snack, with glass of wine sitting outdoors at the bar in Valencia city

この日のオンライン日本語授業の生徒さんは、スペイン語が母語の33歳の女性でした。

ニューヨークからのオンライン授業で、授業内容は「フリートーク」のリクエスト。

「フリートーク」だったので、結構、日本語が話せると思い込んでいたんです。

ところがスペイン人の生徒さんは、日本語レベルが「初級」でした。

彼女は自己紹介と年齢と家族の話を、何とか少し日本語で話せるという程度。

授業は、もちろん日本語で続かず「英語」と「スペイン語」で質問をしてきました。

桜子

私は、英語力が中学生レベル・・・彼女がいうのが、全く分からなかったんです。

初級の簡単な【英語】と、日本語を繰り返しながら、日本語の初級の単語フレーズを教え、授業終了。

日本語が初級の外国人には、【英語】が必要。

相手が日本語で、知りたい単語や、知りたい文法がある場合は、しっかり生徒さんに【英語】で説明してあげないと分かりません。

日本語初級者の生徒さんであればあるほど、教えるときには当然なのですが【英語】は必須。

結局、私は【英語】でわかる単語フレーズを選びながら、日本語フレーズを教えることになってしまいました。

桜子

生徒さんには、本当に申し訳ない授業になってしまったんです。

【英語】を話せなかったので。

 

日本語教師が【英語力】をつけるとしたら、どの程度の英語力が必要なのか。

もしこれから日本語教師として【語学力】を身に付けるとしたら【英語】が基本。

【英語】を話せる日本語教師は多くいます。

日本語教師になる時に【英語】は分かっていて当然という扱いも。

なので日本語教師をするなら【英語】が話せる方が有利。

月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!

台湾・中国・シンガポールなどの生徒さんも、母語は【中国語】ですが、【英語】もある程度分かる生徒さんもいます。

桜子

もし【英語】ができるなら、【中国語】も日常会話程度出来たら生徒さんの幅も広がります。

日本語教師として、ぜひ身に付けたい【語学力】は。

日本語教師

asia student reading her work with glasses and textbook standing in front of blackboard

【結論】

英語→日常会話レベル以上。

中国語→日常会話レベル以上。

これが出来ていれば、授業のリクエスト数も圧倒的に広がります。

なぜなら、日本語レベル初級から上級まで対応出来ます。

桜子

私の場合は、話せる言語の表示を、【中国語】のレベル→日常会話にしていますので、日本語授業のリクエストをくれる生徒さんは、【中国語】が母語の生徒さんが、70㌫。

オンラインで日本語教師として働く場合は、ターゲットにしたい生徒さんの母語を学ぶ言語として、選択するのもありです。

特にそのような生徒さんのターゲットがない場合は、やっぱり【英語】を学んでいた方が良いでしょう。

【英語力】があれば日本語教師として強くなる。

オンラインで日本語

Beautiful smiling female student using online education service. Young woman in library or home room looking in laptop display watching training course. Modern study technology concept

日本語は、世界からすると実は「マイナー」な言語なんです。

なので日本語を学びたい生徒さんは、どの国の人が多いのかの傾向が出てきます。

アジア圏内の生徒さんが圧倒的に多いのですが、みんな学生時代に【英語】は勉強していますので、【英語】は少しでも話せていたほうが◎。

【英語】は、流暢に話せるに越したことはありません。

月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!

「【英語】が流暢」の日本語教師の方は、生徒募集しやすいです。

私は中国語母語の生徒さんが70㌫います。

さいごに

日本語教師をするなら、【英語】は日常会話は必要。

【英語】が出来ることで、日本語授業の募集が初級から出来る。

生徒さんの数を取りたいのなら、【英語】と【中国語】両方話せると強い。

日本語教師の資格は一つ、日本語教師養成講座420時間か、もしくは日本語教育検定試験いずれかで、オンラインで教えるのなら十分です。

逆に【英語力】に力を入れた方がおススメ(特に日本語をオンラインで教える場合)

これから自分の【英語力】を磨いておくとさらに日本語教師として自信がつきます。

★英語力を身に付けやすいおススメのオンライン英会話↓

月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!

★オンライン日本語教師になるための資格取得の案内を見てみる↓

日本語教師養成講座

オンライン習い事なら日本最大級の 「カフェトーク」
カフェトークは、英会話から韓国語・フランス語、ピアノや歌の習い事、ヨガや囲碁の趣味まで、ぴったりのオンラインレッスンが見つかるサービスです。24時間受講可能。無料体験レッスンあり。

 

★関連リンク↓

【カフェトーク】で日本語を教える時に、これをすれば仕事が上手くいくコツ4つ。

日本語教師の養成通信講座【アルク】と【ユーキャン】の比較

オンライン日本語教師するなら【中国人向け】がおすすめな理由

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました