オンライン日本語教師するなら【中国人向け】がおすすめな理由

老後 日本語教師関連
Happy Senior Adult Chinese Couple Portrait

中国語を勉強していて、中国人に日本語を教えてみたいって思ったことないですか。

中国語を勉強しているなら、やっぱり中国人向けの日本語教師になりたいですよね。

結論から言いますと、オンラインで日本語教師になるなら中国人向けがおすすめです。

なぜなら、オンラインで日本語を教えようと思った時、英語が話せる日本語教師はたくさんいて、その分、ライバルが多いから。

英語より話せる人が少ない中国語が話せる日本語教師は需要が高いんです。

この記事は、その他にも中国人向けのオンライン日本語教師が、おすすめの理由を紹介しています。

スポンサーリンク

オンライン日本語教師になるときに、中国人向けをおすすめする理由の一つが、中国語を学びながら仕事ができること。

中国

Vintage toned Chinese red lanterns in Xian, China.

学歴よりも生徒の母語が話せるかどうかが大事なので、中国語を勉強している人にとっては、ぴったりの仕事です。

私も日本語教師を目指し始めたのは、中国語を勉強し始めたのがきっかけでした。

「私も語学を教える側になりたいなぁ」「カッコイイなぁ」って気付いたら、憧れてました。

中国人を相手に日本語を教えていると、相手が分からないことがあると中国語で聞いてきます。

こちらも中国語の勉強になりますし、まさに一石二鳥です。

私は現在、日本語教師として中国人1人に日本語を先週から教え始めています。

この方は日本語中級程度。

中国語を母語とする方を日本語教師として”的を絞って”仕事を探すと結構あります。

しかもオンラインで中国人に教える場合は、まず”中国人が好きかどうか”とか”中国語ある程度話せるか”とか、”中国人に優しいか”なんてことが応募資格に書かれているのもありました。

学歴はオンラインの場合はあまり問われていないのもいいですね(私は高卒なので)

日本語教師としてオンラインで仕事する場合はターゲットを絞った方が良い。

中国人

Hanoi, Vietnam – Jun 22, 2017: Scholar writes Chinese calligraphy characters in communal house at So village, Quoc Oai district. Calligraphy giving is a popular tradition during Tet holiday

日本語教師として仕事をする時は、まず”オンライン日本語教師”になりたいのか、それとも”日本語学校の日本語教師”になりたいのか決めるべきです。

日本語学校で仕事をする場合は、英語か中国語出来るかよりも、”学歴”が重要になってきます。

日本語学校での仕事に対して、オンラインで日本語教師になる場合は、”英語圏の方に教えるなら英語”が出来た方が採用率が上がりますし、”中国語圏内の方教えるなら中国語”が出来た方がもちろん有利。

桜子
桜子

私は学歴がないので、中国語を頑張ります。

オンラインで日本語を教える場合は、日本語学校と違い1対1なので、相手の母語が分かった方が有利なんです。

なぜなら特に”日本語初級者”の場合は、ほとんど日本語が分からないので、相手の母語で教えることが出来るに越したことはないから。

ベトナム語を学んでいるなら、日本語を学びたいベトナム人に教えるといった感じ。

実際、日本語教師養成講座の受講生で、英語は基本会話程度だけど、ベトナム語に力を入れて勉強している方がいました。

何かに特化していると、その分ライバルも少ないので、採用もされやすいのです。

これから中国語を学びながら、オンライン日本語教師を目指す方へ。

日本語教師養成校に通う事と並行して、中国語を学ぶこと。

この2つが揃っていたら、ちゃんと”日本語を教えるターゲット”を絞っているので、中国人向けの専門の日本語教師になれます。

中国語を話せる日本語教師はまだ少ないので、狙い目です。

桜子
桜子

しかも中国人は同じ漢字国なので、日本語が教えやすいのです。

中国人は、漢字はスムーズに理解しますし、日本語の文法にしても積極的にガンガン聞いてくるので教えがいもあります。

私はあと2か月で日本語教師養成講座を卒業するのですが、同期の受講生の8割は”英語”を勉強しながらの受講生。

なので、英語だけではなく中国語ができた方がめちゃくちゃ有利なんです。

オンライン日本語教師の需要は、これからもっと伸び続ける理由

コロナ時代が終わったら、オンラインで日本語を教わる人が減っていく?!

これから、オンラインで日本語教師としての需要が伸びていく理由を解説しています。

オンライン日本語教師をされて初心者の方、これから目指す方はぜひ最後までご覧ください。

日本語教師として、知っておいたほうが良い内容が、たくさんのおススメ動画↓

需要が伸びる3つの理由。

①旅行に行きたい。

②清潔な国に住みたい。

③”AI”に仕事を奪われない。

さいごに

ということで、オンライン日本語教師をするなら中国人向けがおすすめ理由を紹介しました。

もっと中国語頑張ろうって思ったのではないでしょうか。

しかも英語圏内の方より、日本語を学ぶ人は圧倒的に中国語圏内が多いので、これから日本語教師を目指すなら、中国語を学んだ方が絶対強い。

中国は世界で一番人口が多いので、需要は大きいです。

中国人向けのオンライン日本語教師をやると決めたら、まず初めにHSKか中国語検定を受けることと、ぜひ日本語教師養成講座420時間の資格取得。

日本語教師養成講座420時間は卒業後、すぐ授業が出来る即戦力が身に付きます。

 

★関連リンク↓

日本語教師って結局どうなの?

日本語教師として外国人に教えること。

【日本語教師】オンライン授業か対面授業か?向き不向きが分かります。

ヒューマンアカデミー口コミ【日本語教師養成講座420時間】無事修了



コメント

タイトルとURLをコピーしました