主婦やパートの方に確定拠出型年金iDeCoおすすめ【メリットとデメリット】検証

おススメの口コミ
Woman and man tossed the boy up behind Ocean and clean sandy beach

これから迎える老後、「人生100年時代」と言われていますが、公的年金だけでは不安だと思っている方も多いのではないでしょうか。

ある政治家が老後資金2000万円必要発言をしました。

「そんなに資金作れるワケないでしょう」って思いませんでしたか。

今の時代は、日本の経済も不安定で、個人でも年金を始めないといけない時代。

でも正直、年金のことってあまりよく分からない。

老後の不安を少しでも解消したいけど、どうしていいか分からない。

そんな方に、ぜひ知って欲しい、老後資金のためのおススメのiDeCo確定拠出年金について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

確定拠出型年金とはどんなもの?

★確定拠出年金は”自分で育てる年金作り”

★加入者自身が自分の責任で、資金運用を行う年金制度になります。

★掛け金はなんと”全額”が所得控除の対象、所得税とか住民税が軽減される。

★運用次第で、給付額を増やすことが出来るので、老後の資金形成に役立ちます。

★給付金受け取りは、原則60歳以降。

個人年金保険と確定拠出年金の違いは何?

例えば・・・30歳から毎月2万円・30年間積み立てた場合の大まかな比較。

預貯金 個人年金保険 iDeCo(確定拠出年金)
利回り 0.001% 0.15% 4%~5%(運用)
60歳時点の内訳 720万 736万 1370万
流動性 決まりなし(自由) 解約可能だけど手数料が発生する。 60歳までは出来ない。
積み立て中の節税効果 ない 20万 145万
受け取り時の課税 非課税 非課税 非課税

確定拠出年金が必要だと思った瞬間

私は現在、整形外科病院に勤めています。

病院には、高齢者が膝や腰が痛くて、リハビリしに毎日多くの患者さんが。

歩くのもやっとこさの患者さんも中にはいます。

75歳・男性

「年金だけでは生活が出来ない、シルバーで重たいものを運んで今はギリギリ生活している」

「倒れても仕事は休めない」

「早く治して欲しい」

このような高齢者が結構来院します。

”年金だけでは生活できないんだ”って危機感を覚えました。

確定拠出型年金iDeCoのメリット

iDeCoとは「個人型確定拠出年金」の愛称。

今、新型コロナウイルスなどの影響もあり、自分自身の老後、暮らし、年金は大丈夫なのか。

不安でいっぱいですよね。

私はおおざっぱでズボラな性格で、特に家計簿もあんまりつけてこなかったタイプ。

しかし40過ぎたころから、老後を意識するようになりました。

国の財政は、補助金もたくさん出している状態でどう考えても赤字。

「自分の老後をこれからしっかり考えていかないと、子どもたちに迷惑かけたくない」

年金について色々調べましたが、これは加入して得と安心感があると分かりました。

なので私は、確定拠出型年金iDeCoに去年加入しました。

節税効果が高く年間18000円ほど

国から決められた自分が受け取れる年金に+プラスされ、厳選された商品で運用されますし、60歳以降に一時金、もしくは分割で受け取れます。

桜子
桜子

40代がうちの病院多いので、みんな老後の心配が出てきているようです。

以外にも職員12名中3名はすでに加入していたんです。

自分しか職場では、加入者はいないと思っていたんですが、結構みんな老後のこと考えてるんですね。

確定拠出年金iDeCoのデメリット

デメリットは、60歳までは受け取れないということ。

短期の資産形成には向いていませんが、逆に途中引き出せないので、確実に資産形成を築けます。

パートや主婦の方は特に知って欲しい年金の額

特に専業主婦の方やパートの方は扶養なので、厚生年金加入よりも、グッと額が少ない国民年金と同等の額しかもらえません。もしこれから万が一離婚した場合など、一人になるかもしれません。

★国民年金は一人6万5千円

★厚生年金は平均一人14万円

もし今後、離婚をしたりライフプランが突然変わる可能性に備えて、現在、国民年金の方は加入をおすすめします。

一番怖いのがいつまで健康で働けるか

今のままずっと老後まで仕事できれば、iDeCoしなくても良いかもしれません。

私は今、整形外科病院で仕事をしておりますが、高齢者で両ひざ、腰、半身不随など患者さんが、毎日きます。

他にも体を壊しながら頑張っている高齢者をたくさん、これまで見てきました。

健康なうちに、将来必ずやってくる老後に備えて、危機感を持つべきです。

老後、健康もなく、お金もなかったら、最悪のシナリオが待っていると思いませんか。

iDeCoを始める前に、iDeCoの完全攻略を見てみよう。

老後資金をしっかり考えておくために、iDeCoを理解しておきましょう。

iDeCoのあれこれが、分かります。

★関連動画↓

 

まとめ

私もまだ加入したばかりですが老後楽しく過ごすための対策として、iDeCoは絶対おすすめ。

毎月5000円からでも積み立てが出来ます。

30代からの加入が理想ですが、40代からでも遅くはありません。

自分がこの金額なら負担がないと思う金額で将来の老後のために、iDeCo確定拠出年金への加入は老後の安心に繋がりますね。

★関連リンク↓

【40代】独身の女性、老後の不安がある方必見!!今行動したほうが良いこと。

女性で転職を考えている方へ。何度も転職した私が伝えたいこと。

40代から始める老後の仕事に向けての準備。


松井証券ではじめるiDeCo

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました