日本語教師講座【ユーキャン】の口コミ・評判。合格率は?受講生の私がズバッと解説!

日本語教師関連
Business woman at Nagoya

”ユーキャン 日本語教師養成講座”はあくまでも”日本語教育能力検定試験”に合格するための講座になります。

日本語教育能力検定試験に合格すると、日本語学校やオンライン日本語教師としても採用に大きく有利になります。

現在、日本語教師は熱い仕事、人気の仕事になってきています。

今回の記事は、私がおすすめのユーキャンの日本語教育能力検定講座について解説しました。

★これから日本語教師を目指す方。

★ユーキャンの日本語教師養成講座を受講しようか迷われている方

は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

日本語教育能力検定はどんな試験?

日本語教育能力検定試験に合格すると、日本語教師として仕事が出来ます。

今は民間資格ですが、国家資格になる方向になってきてます。

桜子
桜子

特に高卒の方は、この日本語教育能力検定試験に合格すると大卒扱いになりますので、おすすめ。

もし資格取得を検討されている方は、早めに取得を目指すのが良いでしょう。

一度取得した資格は、そのまま移行されますし、国家資格になってからは試験の問題がさらに難しくなります。

日本語教師になる場合は、上のいずれかが必要になります。

★日本語教育能力検定試験に合格。

★日本語教師養成講座420時間を修了。

★大学・大学院で日本語教育専攻もしくは副専攻。

この中のどれか1つを取得しているだけで、日本語教師として仕事ができます。

講座を申し込む前に・・・この試験は誰でも受けれるの?

日本語教育能力検定試験は誰でも受けれます。

「日本語を外国人に教えたい」と思っている方なら誰でもOKの試験。

今まで全然違う職種だったサラリーマンや主婦の方でも大丈夫です。

今、私は日本語教師養成講座420時間にも通学中なんですが、

71歳の男性、62歳女性、豆腐屋さん勤務の20女性など、職種や年齢も、さまざま。

私は高卒ですし、誰でも受験出来る資格があるので、中卒の方でも目指せます。

日本語教師教育能力試験は独学では、合格は難しい。

出来るだけお金をかけずに独学で、試験に合格したいって思いますよね。

「お金をかけないで済むなら、出来るだけ、お金かけたくない」

でも合格率がもともと20%と低く、暗記するものだけなら、まだいいんだけど。

特に”聴解”の科目はかなり難しいので、独学では、なかなか合格は厳しいです。

桜子
桜子

お金の無駄を考えるか、時間の無駄を考えるか。

絶対しっかりフォローしてもらって、一発合格を目指す方が得策でしょう。

日本語教育能力検定の講座で届く教材。

ユーキャン 引用

★教科書5冊

①社会・文化・地域 ②言語と社会/言語と心理 ③言語と教育 ④言語一般 ⑤音声/聴解

★試験対策1~3   ★添削問題集9回分

★日本語教師授業イメージDVD

が届きます。

5冊の教科書を順序良く勉強していきます。

1冊終了ごとに問題を解いて添削してもらって、弱点などを試験直前まで確認していきます。

届いた教材を見ての印象。

まず値段が手頃一括で59,000円。

教科書としての本の厚みはありません、一冊、一冊薄いです(試験に頻繁に出る内容が凝縮されている)

ガイドブックに一教科あたりの勉強する期間の目安なども細かく記載されていますので、非常に勉強の計画が立てやすい。

自分の好きなタイミングで勉強が出来ます。

私は結構、夜寝る前に1時間ほど勉強。

土日・祝日などは逆に朝、2時間勉強したり、スキマ時間でやっています。

 

教科書がとっても読みやすい。

教科書が各科目ごとに、一冊一冊分かれているので、勉強しやすい。

日本語教育能力検定試験の参考書違うものも試してみましたが。

でも全部まとまって一冊なので、分かりづらいく、超分厚いので、勉強しずらい。

桜子
桜子

間違ったらやる気を失いそうな分厚い教科書でした。

それに比べると”ユーキャン日本語教育養成講座”は、各科目ごと一冊終了した達成感もあります。

なので、どこまで勉強できたかも分かりやすいです。

教科書は重要語彙や、注意点など、あまりごちゃごちゃせず、シンプルに色別されてて、40代の私でも見やすい教科書になっていることが嬉しい。

B5サイズなので、持ち運びしやすく便利。

添削の返信アドバイスが的確。

自分が各項目ごとに、どの程度わかっているのかが、添削で点数で出てきますので、はっきり分かります。

添削先生が、細かく苦手分野や苦手な問題と、考え方のアドバイスをくれるから、自分の弱点が本当よくわかる。

私は最初は半分しか点数取れず、先生の添削で弱点が分かりました。

講座期間満了後も安心のフォロー。

安心 笑顔

Portrait of an Asian woman laughing and smiling.

まだ添削提出が間に合っていなく期限(8か月)がきてしまった場合もフォローがあります。

★期間延長5か月

追加料金17,600円を支払うと、課題提出やメールでのアドバイスを引き続き受けることが出来ます。

メールで随時、講師に質問が出来るため、勉強継続していての安心感があります。

私も今、期間延長の追加を申し込んで講座を受講中。

 

一番難しい聴解も安心。

聴解は、口の断面図の形を見て、何を発音しているかを見抜く問題があります。

口の構造が分かっていないと、解けないので、なかなか難しいんです。

でもユーキャンでは、聴解のCDも付いています。

聴解のCDを、何度も聞いているうちに聴解の問題にも慣れてくるんです。

私も少しずつ分かるようになりましたが、最初は”ちんぷんかんぷん”

また解けずに悩んだら、先生が解き方の”コツ”を教えてくれます。

桜子
桜子

聴解は本当に、聞くことと問題になれる事だと思いますが。

こんな時こそ、先生にメールで質問をすると理解も早いし、次解けるに繋がるフォローもしっかりしてくれますので万全。

ユーキャン日本語教育能力検定試験の費用。

これだけの内容と先生の添削も付いて、

★一括払いの場合・59,000円

★分割払いの場合・4,980円×12月

送料はユーキャンが負担してくれて、学費もリーズナブルなので計画をしっかり立ててから挑めば、合格出来ます。

私は来年の受験を目指しますが、同じ養成講座の方は、毎日1時間半の勉強8か月で合格していました。

桜子
桜子

日本語教育能力検定試験に合格できるなら、本当に安い金額です。

あとは自分の頑張り次第。

合格までにかかる費用は?

★ユーキャン日本語教師養成講座  59,000円

★通信課題の送料(切手代)83円×添削9回分=747円

★日本教育能力検定試験(過去問)2冊別で購入 1,540円×2=3,080円

★日本語教育能力検定試験の願書と受験料 14,500円

★願書送料(特定記録郵便)  203円

試験会場が 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡(予定)になります。

なので、その他の地域にお住まいの方は、受験にホテル代と飛行機代もかかります。

ユーキャン日本語教師講座のデメリット。

ユーキャン日本語教師講座は、2018年に開設なので、新しくできたばかり。

なので受講生の合格率などは、不透明なところもあります。

ですがテキストは、経験豊富な日本語教育の専門家が全面監修。

桜子
桜子

ユーキャンは通信講座の最大手なので、信頼度はとても高い。

監修者:三代純平先生(早稲田大学大学院日本語教育研究科・博士)

こんなにすごい人が監修しています。

過去の試験出題傾向から、合格に必要な内容を分かりやすくまとめています。

試験によく出るポイントに的を絞っているので、効率的な勉強が出来るんです。

ユーキャンの標準学習期間は8か月。

日本語教育検定試験は基本、毎年10月の最終日曜日。

3か月毎日、みっちり時間が取れる方は別として。

仕事など多忙な方は、最低でも8か月は勉強期間を設けた方が、均等に勉強できます。

けっこう難しい試験ですので。

桜子
桜子

合格出来たら、日本語教師で本腰を入れて働けます。

しかし8か月~1年はしっかり勉強しないといけません。

大卒でもなかなか合格出来ないのが現状。

本当に自分の勉強次第と言えます。

”ユーキャンの標準学習期間は8か月”が目安。

遅くても”最低2月には申し込んだ方が良いでしょう”

余裕を持って、学習したいなら、10月に申し込むことをお勧めします。

そうすると丸1年の学習する期間がありますので、計画的に学ぶことが出来ます。

私は受験日を何にも調べず、申し込んでしまったので、もっと計画を立ててから申し込めば良かったなと思いました。

学習期間はしっかり考えてから、申し込みしてください。

ユーキャンの日本語教師養成講座の合格率はどのくらい?

日本語教師イメージ

Smiling asian woman in glasses for vision correction looking at camera, happy friendly chinese student or employee posing in office, millennial japanese woman professional head shot portrait

今のところ、ユーキャンは、日本語教育能力検定試験の合格率は、公表していません。

ただ私の通学していた日本語教師420時間養成講座の方の中で、3名ユーキャンで受講していて、2名は合格しています。

なので私の周りでの合格率は、60%です。

あとは勉強の仕方やスケジュールの立て方次第だということになります。

日本語教師養成420時間通うより、ずっとお得。

悩む 

A color image of a worried woman.

私は、日本語教師養成講座420時間を受講するのに、70万近く支払いました。

70万ですよ?

桜子
桜子

日本語教育能力検定試験に合格出来れば、養成講座420時間の資格は必要ありません。

59,000円で、日本語教師の資格が取れるなら、こんなにお得なことはないです。

ただでさえ給料がそんなに高い仕事ではありませんので、根本的な学費は安く抑えることを強くお勧めします。

私は、あまり何も調べずに、先に日本語教師養成講座420時間申し込んでしまいました。

日本語教師養成講座420時間は、日本語教師の実践力をつけるにはとても良いですが◎。

オンラインで教える場合は、日本語教師教育能力検定試験がコスト安で、良かったなと思います。

 

まとめ

日本語教育能力検定試験は、大卒と同等な扱いされる資格。

合格率も20%~30%でけして高くはありません。

でも、この日本語教育能力検定資格を取ると日本語学校でも一目置かれます。

なぜなら合格率が低いので、資格を持っている方、も少ないのです。

桜子
桜子

日本語教師養成講座420時間にも30名中、2人しか合格者がいなかった資格なんです。

ユーキャンは通信講座大手なので、非常に勉強しやすい講座の構成になっています。

↓詳しくはこちら



★関連リンク↓

日本語教師として外国人に教えること。

日本語教師って結局どうなの?

日本語教師の養成通信講座【アルク】と【ユーキャン】の比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました