ヒューマンアカデミー口コミ【日本語教師養成講座420時間】無事修了

日本語教師関連

日本語教師養成講座420時間って言われても、実際どんなものなのか。

仕事や他の学業と両立出来るものなのか。

色々イメージしにくいところがあると思います。

今回は実際に日本語教師養成講座420時間を修了した私の体験と感想をお伝えします。

これから養成講座を受けようと思っている方には、特にお役に立てると思いますので、ぜひ最後まで読んでください。

スポンサーリンク

【日本語教師養成講座420時間】期間にすると1年、長かった( 一一)

結論と感想を一言でいうなら。

”想像以上に大変で、しんどかった”

これが正直なところ。

仕事をフルタイムでしていての、日本語教師養成講座420時間を学ぶというのは本当に40代の私には体力勝負でした。

私は、水曜日の夕方から3時間半と日曜日は一日中だったので、月曜日の朝はとっても疲れてました。

だけど月曜日は仕事に行かなきゃ行けないし。

桜子
桜子

もう学費払ったけど、ホント途中でやめてしまおうか考えた。

1年は本当に長かったです。

実際、仕事と両立できず途中で、ドロンした方が15人中に2人いました。

もし、これから日本語教師養成講座を検討されている方がいたら、体力面や仕事との両立などをしっかり考えておいた方がいいですよ。

実際、【日本語教師養成講座420時間】を卒業して実践力はついた。

本番で外国人(4名から6名)を実際に生徒にして、授業を行います。

初級で1回・中上級で1回。

その本番前に受講生同士で、模擬授業を何度か行い先生から指摘を受け、本番までにそれを改善。

→いざ本番。

ヒューマンアカデミーの場合は、先生が本番の授業を見て、成績をつけていきます。

A・B・C・D・E判定で授業を審査します。

私は、めちゃくちゃ緊張、あがり症。

なので模擬授業の時から手が震えないか、頭が真っ白にならないか、超不安でいっぱいでした。

桜子
桜子

人前に立つのが苦手な人には大変かも。

でもサングラスをかけて授業する受講生がいるほど、みんな必死にやってました。

私もなんせ60万以上払っているので、逃げるわけにもいかず、最後までやり抜きました。

そのおかげで実践力はついたと思います。

”これは日本語教育能力検定試験では、身に付けることが出来ない 日本語教師の率先力、授業の実践力が身に付きました”

今、1時間授業をして欲しいと言われたら、すぐ教案を作成して授業をすることも出来ます。

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座に通っての感想

私は住まいが沖縄なので、那覇校で日本語教師養成講座を卒業しました。

先生の質は、レベルが結構高かったです。

一人は早稲田大学から、東京大学大学院で日本語学科を専攻されていた先生もいましたし、他の先生達も常に真剣な指導をしてくれて、授業に愛情もありました。

私はヒューマンアカデミーで受講して、良かったと思ってます。

授業の時間調整や色々なフォローもしっかり丁寧、迅速に対応してもらい満足して卒業することができました。

【日本語教師養成講座420時間】これだけは言っておきたいこと。

教壇に立つイメージは全くなく、オンラインで日本語を教えていきたい方は少し注意が必要。

コロナ渦の中、オンライン授業の模擬も指導してもらえるのかなと私は期待していましたが、それはなかったこと。

基本は全員、普通の教師と同じように教壇で授業行うことになります。

オンライン授業のやり方などは、また別途、学費をかけての受講になります。

10万程度だったと記憶していますが。

私はさすがに金額が高いので、受講しませんでした。

昔ながらの日本語教師養成講座の土台のままなので、これからもっと今からの需要に合わせてくれるともっといいかもって感じましたね。

さいごに

申し込みの際は、色々日本語教師養成講座とまた日本語教育能力検定試験のセット教材などを一緒に勧められる場合があります。

なので、 日本語教師についてしっかり調べて、自分はどのコースが良いか見極めてから申し込むことをおススメします。

無駄にセットのコースを申し込んでしまうとお金がもったいないので、そこはぜひ気を付けてくださいね。

これからは日本語教師としての活動も投稿していきますので、楽しみに。

★日本語教師養成講座の案内を見てみる↓

日本語教師養成講座

 

★関連リンク↓

【日本語教師】オンライン授業か対面授業か?向き不向きが分かります。

日本語教育検定試験を合格した人から教わった勉強方法【これで合格】

【日本語教師養成講座】修了後の仕事先は実際どうなの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました